海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech コンパクトボディに機能が凝縮! ソニーの新デジカメ「RX100 Ⅶ」はマイク端子も搭載

Tech

コンパクトボディに機能が凝縮! ソニーの新デジカメ「RX100 Ⅶ」はマイク端子も搭載

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーは、デジタルカメラ「RX100」シリーズの7代目となる「RX100 Ⅶ」を海外で発表した。1回シャッターボタンを押すだけで静止画7枚が撮れる機能やマイク端子を新たに搭載するなど、コンパクトな躯体ながら多機能なカメラとなっている。8月に欧州で発売される。

・0.02秒でオートフォーカス

1型積層型CMOSイメージセンサーと最新のBIONZ Xイメージプロセッサーを搭載。これにより20fpsの連写が可能で、動きのあるシーンの写真もブレなくなりそうだ。

また0.02秒でオートフォーカスでき、このスピードは「世界最速」とのこと。

瞬間を撮り逃がしたくない、というときには新たに搭載された「Single Burst Driving Shooting Mode」が便利そうだ。シャッターを1回押すだけで静止画7枚が撮れる。

・手ブレを強力に補正

もちろん静止画だけでなく動画撮影もできる。4K HDR撮影に対応し、リアルタイムのアイオートフォーカスとトラッキング機能を備えている。

動画撮影に付きものなのが手ブレだが、従来に比べ8倍パワフルな補正機能を搭載しているのも心強い。そして映像ブロガーなどにとって嬉しいのが、RX100シリーズで初めてマイク端子を搭載したことだろう。シャープな映像に高品質な音声を加えられる。

24〜200ミリのズームレンズを搭載しているRX100 Ⅶの価格は1200ドル(約13万円)が見込まれている。まずは欧州での発売で、日本での展開も期待したい。

Sony
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報