海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 米国90都市で、レストランオンライン予約のOpenTableがデリバリーサービスを開始

Start Up

米国90都市で、レストランオンライン予約のOpenTableがデリバリーサービスを開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブサイトやアプリでレストランを予約できるOpenTableが、料理のデリバリーにも対応するようになった。

Uber EatsやCaviar、Grubhubとの提携により実現したもので、まずは米国90都市の8000店が対象で、当面iOSアプリのみで利用可能だ。

・出かけたくないときに

さまざまなジャンルのレストランをブラウズして予約できるOpenTableはこの業界の老舗で、レストランのラインナップや使いやすさで評価が高い。利用するごとにポイントもたまるので、外食好きな人にとってかなり便利なサービスだ。

しかし出かける気分ではないが、レストランの美味しいものを食べたい、というときもあるだろう。そんなときに、今回のデリバリーサービスは使えそうだ。

・業者を好みで選べる

利用方法はこれまでと変わらず、まずアプリを立ち上げてお店をブラウズする。そして気になるお店をタップして「Get it delivered」が表示されていたらデリバリーしてもらえる。利用可能なデリバリー業者が表示されるので、ユーザーの好みで選べる。

ゆくゆくはアプリ内にデリバリーのコストと予想時間も案内する見込みという。一方で、Androidでの展開については今のところ言及はない。

サンフランシスコで1998年に設立されたOpenTableは現在、グローバルで5万1000店の予約に対応している。

OpenTable News Release

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報