海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ドライブレコーダー機能付き二輪用ヘルメット「MK1」はマイクとスピーカーも搭載

Start Up

ドライブレコーダー機能付き二輪用ヘルメット「MK1」はマイクとスピーカーも搭載

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘルメット製造を手がけるオーストラリアのスタートアップForciteが、ドライブレコーダー機能付きの二輪用スマートヘルメット「MK1」を発表した。

事故などに備えた記録だけでなく、走りをライブストリーミング配信したりするのにも使える。加えて、内蔵スピーカーで音楽を聴いたり、マイクも使えば通話もできる。

・5時間録画

MK1はフルフェイスのヘルメットで、装着した時に顎のあたりの外側にソニー製のレンズを搭載している。1080p/30fpsで撮影でき、画角は166度とかなりワイドなので前方の様子を広範に撮影できる。

ビデオはSDXCカードに連続5時間分を録画でき、Wi-Fiで接続するスマホに送信することも可能だ。このカメラの主要な使用法はドライブレコーダーだが、自分の走りや周囲の風景を友達にライブストリーミング配信するのにも使える。

・ナビ音声案内にも

そのほか、ヘルメットにはスピーカーとマイクも搭載されている。スマホに入っている音楽を聞いたり、双方向で通話したりすることができる。ツーリングでナビゲーションの音声案内を聞くという使い方もありだろう。

またユニークなのが、VOIPシステムを使ってこのヘルメットのユーザー同士で会話ができる点。ツーリング中に仲間と走りながら会話ができるわけだ。ただし、利用可能なレンジは明らかになっていない。

あらゆる操作はハンドルバーにつけるコントローラーでできるようになっている。ヘルメットのバッテリー容量は1400mAhで、5時間使用可能とのこと。

価格は、最初の1000ユニットが1599豪ドル(約12万円)。すでにサイトでプレオーダーの受付が始まっていて、発送は今年12月が予定されている。

Forcite

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報