海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 泳ぎが苦手でも大丈夫!ツインスクリューでスイスイ進む電動ビート板「Swii」登場

Start Up

泳ぎが苦手でも大丈夫!ツインスクリューでスイスイ進む電動ビート板「Swii」登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
両手で持って、あるいは上半身をのせて、足をばたつかせて前に進むための補助ツール、ビート板。子供の頃に、水泳の授業やスイミング教室で使った経験があるだろう。

そのビート板を電動化した「Swii」がクラウドファンディングサイトMakuakeに登場した。バタ足をしなくても、時速最大3.7キロで進むことができる。

・連続45分使用可

Swiiにはバッテリーやモーター、スクリュー2つが搭載されていて、ボタンを押すと出力230Wのモーターでスクリューが回って推進力を得る仕組み。

スピードは2段階調整で、時速2.2キロか3.7キロとなる。フル充電での連続使用時間は45分だ。45分では足りない、という人はスペアのバッテリーを持っておくと存分に楽しめるだろう。

・高浮力の設計

Swiiのサイズはというと、面積的には通常のビート板とほぼ変わらないが、バッテリーなどを搭載している分、やや厚みがある。そして4.9キロと通常タイプより重い。

しかしきちんと浮くようになっていて、大人が乗っても浮かぶとのこと。泳ぎは苦手、という人には良さそうだ。ちなみに使用対象年齢は6才以上となっている。

Makuakeでは現在、4万1500円(税込)の支援でSwiiを入手できる。支援は8月15日まで受け付け、その後すぐに発送が始まる見込みで、この夏のウォーターレジャーに間に合うかもしれない。

Swii/Makuake
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報