海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 値段は高いが……。Specializedが軽量タイプのハイスペック電動アシスト自転車を発売

Tech

値段は高いが……。Specializedが軽量タイプのハイスペック電動アシスト自転車を発売

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
電動アシスト自転車はペダルをこぐ労力を減らしてくれるが、難点は自転車そのものが重いこと。そんな中、高い機能性を確保しつつ軽量化を図ったタイプがSpecializedから登場した。

カーボンフレームを採用するなどして軽量化とハイスペックさを追求した「S-Works Turbo Creo SL Founder’s Edition」だ。

・重さ11.9キロ

S-Works Turbo Creo SL Founder’s Editionの重さは11.9キロ。通常の自転車よりは重いが、それでもカーボンフレームにすることでかなり軽量化され、フルサイズの電動アシスト自転車としては軽い部類に入る。

また、既存のアシスト自転車はバッテリーが目立つものが多いが、Founders Editionは全体的にすっきりしていて、一見アシスト自転車のようには見えない。

・スムーズな乗り心地

性能はというと、240Wのモーターと380Whのバッテリーを搭載し、距離にして128キロもアシストしてくれる。アシストの強弱は3段階で設定でき、ユーザーは専用アプリでエコ、スポーツ、turboから選べる。

また、シマノ社の油圧式ディスクブレーキ「Dura-Ace R9170」を採用し、制動力が高いのも特徴だ。加えて、でこぼこ道の走行でも振動を吸収するヘッドセット「Future Shock 2.0」も搭載され、スムーズな乗り心地になるとのこと。

カーボンファイバーといい、油圧式ディスクブレーキといい、それぞれ高スペックなものを採用しているので、必然的に値段も高価で1万6500ドル(約177万円)となっている。250台の限定生産だ。

Specialized

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報