海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ソニーの新USB-Cハブは100WのPD給電に対応! 高速データ転送もできる

Tech

ソニーの新USB-Cハブは100WのPD給電に対応! 高速データ転送もできる

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
PCの拡張性をサポートするハブは、近年USB-Cタイプが増えてきているが、ソニーもこのほど新たなUSB-Cハブ「MRW-S3」を発表した。

100WものPD給電に対応し、データ転送も最速1000MB/sとなっているのが特徴だ。

・必須ポートを網羅

一概にハブといっても搭載するポートが2、3のものから、HDMIなどPC に接続させる機器ほぼ全てに対応するものまでさまざまだが、ソニーの新製品は後者。

搭載するポートは、USB-A、USB-C、HDMI、UHS-Ⅱ SD・マイクロSDカードリーダー。そのほかPCにつなげるUSB-Cポート、電源用のUSB-C(PD)となっている。

・4Kもサポート

数あるハブの中でもUHS-Ⅱカードリーダーを搭載しているものは少ないだろう。UHS-Ⅱは転送スピードが速い規格で、今回のハブでは最大300 MB/sで読み込む。データバックアップにかかる時間をかなり短縮できそうだ。

またUSB-Cポートでは最大1000MB/sでのデータ転送が可能となっている。そしてHDMIは4K@30fpsをサポートする。

加えて、100W給電が可能なのもMRW-S3の特徴で、これにより安定した、速いデータ転送を確かなものにするとのこと。

UHS-Ⅱ規格に対応していることなどから上級者向けのハブといえそうなこのMRW-S3、価格はまだ発表されていない。

SONY Global
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報