海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing 税金の使い道がすぐわかる! 国が何をしているのかをキーワードで検索できるサイト「JUDGIT!」

Marketing

税金の使い道がすぐわかる! 国が何をしているのかをキーワードで検索できるサイト「JUDGIT!」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちが毎年、汗水流して納めている税金。一体何に使われているのか、詳しく知りたくはないだろうか。

そんなときは「JUDGIT!」を利用してみよう。国の事業や税金の使われ方などを簡単に調べられるウェブサイトだ。キーワードを入れることで、そのキーワードに関係のある事業を、自由に検索できるようになっている。

・国が何をしているか一目瞭然

例えば、オリンピック関連事業について知りたいとき。キーワードに「オリンピック」を入力すると、各項目においてオリンピックの文字が入っている事業が検索結果として出てくる。各省庁が行う事業の中で、興味のあるキーワードを元に国が具体的に何をしているのかを深堀りすることも可能だ。

主要支出先の検索もOK。気になる企業や団体の名前を入力すれば、その企業や団体が、どんな国の事業を落札・受託しているのかがわかる。他にも省エネやリサイクルといった特定分野の補助金を調べたり、その時々の話題のトピックスから国の事業をサーチするなど、幅広い検索に対応している。

検索した事業の「行政事業レビューシート」をダウンロードすることもできる。資金の流れなど詳細を調べたければ、このシートを見れば一目瞭然。国が公募を行っている事業の特徴や、その競争相手も調べられるので、そうした事業に関連したビジネスを行いたい企業にもオススメだ。

・目標は一人ひとりの意識向上と政事全体のレベルアップ

国が行っている業務について誰もが知りたいことを知り、何かを発見する。それが「JUDGIT!」の狙いだ。

政治・行政を「自分ごと」として捉えてもらうことで一人ひとりの意識を上げていく。その人数を増やして政治家や行政側に緊張感を持たせ、国の政事全体をレベルアップさせたいのだという。

オープンな政治が支持される時代。こうしたサービスの需要も、今後ますます高まっていくのではないだろうか。

JUDGIT!

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報