海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 自然調和型のコンサートホール! ソーラーパネルで電力を賄う施設、チェコで建設へ

Tech

自然調和型のコンサートホール! ソーラーパネルで電力を賄う施設、チェコで建設へ

チェコ共和国第三の都市、オストラバのコンサートホール建設プロジェクトで、日本企業が参加したチームによる斬新性と機能性を備えたデザインが選ばれた。 上空から見ると涙のような形状をしていて、屋根にはソーラーパネルを搭載。ここ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
チェコ共和国第三の都市、オストラバのコンサートホール建設プロジェクトで、日本企業が参加したチームによる斬新性と機能性を備えたデザインが選ばれた。

上空から見ると涙のような形状をしていて、屋根にはソーラーパネルを搭載。ここでの発電で施設の電力を賄うという環境配慮型の施設で、オストラバのランドマーク的存在となりそうだ。

・1300人収容

このデザインには、永田音響設計(東京)が携わっている。建築音響コンサルティングのパイオニアである同社が、Steven Holl Architects(米国)、Archtecture Acts(プラハ)とともに設計した。

ホールは1300人収容となかなかの規模で、現存する文化施設の間に入り込むような形で建設される。

建物の屋根にはソーラーパネルが配置され、施設で使用する電力を賄う。また、ホールは道路に面しているが、建物の裏側には雨水を貯める貯水プールがある。この水を熱交換システムに使って建物を冷やすという、全体的に環境に優しいつくりとなっている。

・ヤナーチェクに包まれる

内部はというと、自然光が取り入れられるよう大きな天井窓があるほか、建物の正面と奥は一面ガラス張りになっているなど、見た目にかなりモダンで優雅だ。

またホールのレイアウトやインテリアはチェコを代表する作曲家でオストラバで亡くなったレオシュ・ヤナーチェクにインスパイアされたものになっているとのこと。ちなみに、このホールはヤナーチェク交響楽団の“ホーム”となる。

計画通りにいけば2023年に完成する見込みのこのホール。音楽ファン、そして建築ファンもひきつけるものとなりそうだ。

Steven Holl Architects

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報