海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ソーラーパネルに覆われたプリウスPHV! 今月下旬に公道走行実証を開始

Tech

ソーラーパネルに覆われたプリウスPHV! 今月下旬に公道走行実証を開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛知県豊田市や東京都に在住の人はルーフ、フード、バックドアがソーラーパネルで覆われたトヨタのプリウスPHVをもしかすると見かけることになるかもしれない。

トヨタ、シャープ、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は世界最高水準の高効率太陽電池を搭載したプリウスの、公道での実証テストを7月下旬から行うと発表した。

走行中もバッテリーを充電できるのが目玉のひとつで、これにより航続距離や燃費の大幅な向上が見込まれるという。

・電池セル変換効率34%以上


実証車はトヨタ車のプリウスPHVで、シャープ製の太陽電池パネルを搭載している。パネルは、NEDOの事業の一環としてシャープが開発した、「変換効率34%以上」という世界最高水準の高効率太陽電池セルをモジュール化して製作された。

ちなみに従来のプリウスPHVに搭載された太陽電池セルの変換効率は22.5%で、大幅なアップとなる。定格出力は従来プリウスPHVが180Wなのに対し、実証車では860Wとなっている。

・充電回数を減らせる


また、従来プリウスPHVでは駐車中にしかできなかった駆動用バッテリーの充電が、実証車では走行中にもできるシステムを採用している。つまり、バッテリーの電気を使って走行しながらバッテリーに電気をためることができる。

これは当然、航続距離をのばすことにつながり、ひいては充電回数を減らすのに役立つ。また、駐車時の駆動用バッテリーへの最大充電電力量は、航続距離44.5キロに相当するという。

今後はさまざまな条件での走行実証を行い、太陽電池パネルの発電量などを確かめ、車載ソーラー充電システムを開発する計画だ。

トヨタ自動車
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報