海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech レゴブロックを組むようにロボットを作る! MITの研究チームがロボット設計の新手法

Tech

レゴブロックを組むようにロボットを作る! MITの研究チームがロボット設計の新手法

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
生物は20種類のアミノ酸から構成されているといわれている。これと同じようにロボットを基本パーツから組み立ててしまおうというプロジェクトがある。

MITの教授、Neil Gershenfeld氏を中心とする研究チームは、「マイクロレゴパーツ」と呼ぶ基本パーツでロボットを組み立てる仕組みを考案した。この手法により、ロボットの設計、製造がシンプルなものになるかもしれない。

筋肉の動きを再現するモーターをマイクロレゴパーツで

従来、ロボットは把握しがたいほどたくさんのパーツで組まれていたが、MITの開発した手法で使うのは数種類の基本パーツのみだ。

ロボットは、その組み方によってさまざまな機能を持たせることができる。また、役割を終えたら、別の機能を備えたロボットに組み替えることも可能だ。

研究チームは実際、歩行などの筋肉の動きを再現するモーターを作ったが、これに歯車を回す機能を持たせることもできるとのこと。

サイズからして本当に役立つのか疑問に思うかもしれないが、実はこのロボット、自重の7倍の重さのものを持ち上げることができるほどパワフルだ。

目標はロボットの3Dプリント

研究チームは、複雑なロボットの設計、製造過程を根本から覆そうとしている。目標は、3Dプリンタのようなデバイスで、さまざまなロボットが組み立てられるようになること。

材料が基本パーツのみなら、ニーズやタスクに応じた設計がプログラムされていればそれが適う。それどころか、まさにレゴブロックを組むように、ユーザーがオリジナルのロボットを設計することだって可能だろう。

同プロジェクトはまだ初期段階だが、今後の展開に期待を寄せたい。

参照元:MIT’s tiny walking robot could eventually build other, bigger robots/DigitalTrends
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報