海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ポータブルエアコン「Zero Breeze Mark Ⅱ」は夏のキャンプに大活躍!

Start Up

ポータブルエアコン「Zero Breeze Mark Ⅱ」は夏のキャンプに大活躍!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏のキャンプでは、テントやキャビンの中は蒸されたような暑さになる。だが窓を開けても涼しい風があるとは限らず、第一、開けっ放しにすると風と一緒に虫まで入ってくる。

そこで重宝するのがポータブルエアコン。米国サンフランシスコのスタートアップが開発した「Zero Breeze Mark Ⅱ」は持ち運びができるタイプで、小型ながら空間の温度を16.7度にまで下げることが可能だ。

・10分急速冷房も

小型といっても昔の掃除機程度の大きさで、重さは6.5キロ。それなりに存在感はあるが、ミニ扇風機などよりはずっとパワーがある。

テントやトラック、キャビンといったさほど広くない空間の気温を16.7度にまで下げることができ、10分で急速に涼しくする機能も搭載している。性能の鍵を握るコンプレッサーに関しては特許を取得済みという。

・スマホ充電ができる

Zero Breeze Mark Ⅱは外部から取り込む空気を冷やし、中の暖かい空気を外に出す仕組みで、空気の入れ替えも兼ねる。なので、テントで眠っているときに息苦しさを感じることもなくなりそうだ。

また電源がない場所での使用を想定し、バッテリー充電式となっており、フル充電で5時間駆動する。バッテリー部分にはUSBポートが搭載されていて、ケーブルをつないでスマホなどを充電することができる。

キャンプに限らずイベント時にもあると便利そうなこのZero Breeze Mark Ⅱは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達を展開している。すでに目標額は達成し、今なら789ドル(約8万6000円)の出資で入手できる。

出資は8月2日まで受け付け、発送は今年9月の見込みだ。

Zero Breeze Mark Ⅱ/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報