海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 水とCO2と電気からつくるエコなタンパク質「Solein」は食料危機問題解決に貢献

Start Up

水とCO2と電気からつくるエコなタンパク質「Solein」は食料危機問題解決に貢献

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
国際連合食糧農業機関の発表によると、いま世界で栄養不足に苦しんでいる人は8億500万人にものぼるという。

この世界の食料危機を解決するというビジョンのもとに開発されたのが、水とCO2と電気からつくるエコなタンパク質「Solein」だ。

・水とCO2と電気が原料

Soleinを開発したのは、フィンランドのスタートアップSolar Foods社。2017年に設立され、農業なしで食品生産するための食品技術革新を行っている。

もともと、Soleinの概念はNASAの宇宙計画から生まれ、VTTフィンランド技術研究センターとラッペーンランタ工科大学とともに開発が行われた。

Soleinは水とCO2と電気のみからつくられるのが特徴で、いつでもどこでも天然タンパク質を無限に生産できるという。

自然な発酵プロセスでつくられるSoleinは、味も見た目も小麦粉にそっくり。高い栄養価をもち、食品成分や植物由来の肉代替品、培養肉として幅広く利用できる。

・環境に優しい

そして、Soleinは動物飼育や植物栽培よりも環境に優しい。

天候に左右されず、農地も要らず、使用する水も少量だ。牛飼育にはSoleinの1550倍の水、大豆生産にはSoleinは250倍の水が必要とのことで、その違いは歴然だ。また、電気は再生可能エネルギーによるものを使用している。

食品業界に革命をもたらすSoleinの今後の展開が期待される。

Solein/Solar Foods
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報