海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 豪当局、Galaxyスマホの誇大広告でサムスンを提訴。「耐水性で消費者の誤解を招く」

Mobile

豪当局、Galaxyスマホの誇大広告でサムスンを提訴。「耐水性で消費者の誤解を招く」

オーストラリアの競争・消費者委員会(ACCC)は4日、韓国サムスン電子のスマホGalaxyシリーズの水中での使用を前面に出している広告は「耐水性において消費者の誤解を招く」として提訴したことを明らかにした。 広告にサーフ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリアの競争・消費者委員会(ACCC)は4日、韓国サムスン電子のスマホGalaxyシリーズの水中での使用を前面に出している広告は「耐水性において消費者の誤解を招く」として提訴したことを明らかにした。

広告にサーフィンの写真などを使っているが、実際は海水などには適していないことも指摘し「広告はミスリーディング」としている。

・水中での使用に適している印象


ACCCによると、サムスンは豪州で2016年2月ごろからソーシャルメディア、オンライン、テレビ、広告ボードなどを通じてGalaxyシリーズのスマホの広告を展開してきた。

そうした広告では、男性が水中で腰掛けてスマホを見つめているものや、女性がサーフィンをしているものなど、プールや海が舞台の写真が掲載された。

ACCCは「海水、プールなど全てのタイプの水の中での使用に適しているような印象を消費者に与えた」として、提訴に踏み切った。

・水深1.5メートルに30分


では実際、端末の性能はどうかというと、サムスンは「水深1.5メートルで30分間耐える」とうたっている。そしてウェブサイトでは小さな文字で、Galaxyシリーズスマホのビーチやプールでの使用は控えるよう書かれている。

今回の件について、ACCCのRod Sims委員長は「豪州の消費者法では、事業者は自社商品に関して消費者をミスリードすることは禁じられている」と述べている。一方のサムスンは、争う姿勢を見せている。

ACCC
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報