海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 150ドルから入手可能なロボット掃除機「MIRAVAC」登場

Tech

150ドルから入手可能なロボット掃除機「MIRAVAC」登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちが体を動かすことなく部屋を掃除してくれるロボット掃除機。家に一台あれば、と憧れを持つ人も多いはず。しかし、高い機能を持つだけに価格も高く、購入には足踏みをしているという人もいるだろう。

そんな中、クラウドファンディング「Kickstarter」に低価格自動掃除機「MIRAVAC」が登場した。

・1800Paの吸引力


MIRAVACは完全自律型ロボット掃除機。障害物と接触すると方向を変え、部屋を隅々まで清掃してくれる。

もっとも、それだけなら特に目新しい機能ではない。だがMIRAVACは、部屋の広さや形に合わせた清掃パターンの指定までできる。Z字走行、渦巻き走行、壁伝い走行。1800Paの吸引力で、埃や食べ物のカス、ペットの毛も確実に除去する。

MIRAVACのバリエーションは「Loop」と「Swerve」の2種類。Loopはフローリング等の固い床の清掃を得意とし、床を磨くためのモップを搭載できる。一方Swerveは、マルチサーフェイスローラーブラシを内蔵し、分厚いカーペットでの清掃を得意とする。

稼働時間は最大110分。再充電には3~4時間を要する。充電ステーションは据え置き型で、MIRAVACが人間の手を借りずに自ら戻ってきて再充電する仕組みだ。

・世界中から出資希望者が


これだけの機能を有しているMIRAVACだが、Kickstarterでは150ドル(約1万6200円)からの出資枠を設けている。普通の掃除機に迫るくらいの価格設定である。

もっとも、この150ドル枠は既に締め切られてしまったようだ。この記事を執筆している7月1日の段階では、178ドル(約1万9200円)の枠が残っている。配送は今年8月から。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報