海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ライダー必見! ヘルメット用ワイパー「WiPEY」はバッテリーで動く

Start Up

ライダー必見! ヘルメット用ワイパー「WiPEY」はバッテリーで動く

車にしてもバイクにしても雨の日は視界が悪くなり、普段にも増して運転には注意が必要だ。その視界を確保するのに必須なのがワイパー。 車には当たり前のものとして備わっているが、これをバイクのヘルメットにも持ってこようと、取り付...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
車にしてもバイクにしても雨の日は視界が悪くなり、普段にも増して運転には注意が必要だ。その視界を確保するのに必須なのがワイパー。

車には当たり前のものとして備わっているが、これをバイクのヘルメットにも持ってこようと、取り付け式のワイパーが登場した。スロベニアのスタートアップが開発した「WiPEY」だ。

・張り付く水滴対策に


ヘルメットのバイザーに付く水滴は風で飛ばされるのでは?と思う人もいるかもしれない。しかし、それはそれなりのスピードが出ているときのことだ。渋滞などでゆっくり走行するときは、水滴が張り付く。

また、車の後ろを走るときは、車が跳ね上げる水しぶきを常に被ることになり、水滴を手で拭っても追いつかない。そこでWiPEYが開発された。

・装着も簡単


WiPEYはバイザー上の中央部分に取り付けるタイプで、ブレード内蔵のバッテリーで動く。ブレード根元部分にあるボタンを押すとワイパーのブレードが左右に動く。ボタンを長押しすると作動が継続するという、いたってシンプルな仕組みだ。

開発元によると、ほとんどのヘルメットに装着でき、ボタンで簡単に取り外しができるとのこと。バッテリーのもちは12時間だ。

WiPEYは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開していて、出資額は89ドル(約9600円)となっている。ハンドルバーに取り付けられるBluetoothリモコンとのセットは119ドル(約1万3000円)。出資は7月24日まで受け付けるので、ライダーはチェックしてみて。

WiPEY/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報