海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 土星の衛星タイタンで生命の謎を探る! NASA、ドローン探査機を26年に打ち上げ

Tech

土星の衛星タイタンで生命の謎を探る! NASA、ドローン探査機を26年に打ち上げ

米航空宇宙局(NASA)は、土星の衛星の中で最大となるタイタンに無人探査機を送ると発表した。わずかな重力や大気があるタイタンで生命の謎を探る。 その探査に使われるドローンを2026年に打ち上げ、到着は34年になる見込みだ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米航空宇宙局(NASA)は、土星の衛星の中で最大となるタイタンに無人探査機を送ると発表した。わずかな重力や大気があるタイタンで生命の謎を探る。

その探査に使われるドローンを2026年に打ち上げ、到着は34年になる見込みだ。

・飛び回って試料を採取


月や火星の探査にはこれまでローバーが使われてきたが、タイタンにはドローンタイプを投入する。その名も「Dragonfly(トンボ)」で、8つのローターで飛び回る。

もちろん探査のために着陸して、試料の採取も行う。それらを分析することでタイタンの“生い立ち”が明らかになることが期待される。タイタンは原始の地球に似ているとされることから、タイタンを研究することは生命の謎を探ることになるという。

・到着まで8年の旅


Dragonflyは火星探査ローバーCuriosityほどの大きさで、ローターの直径は1メートル。時速36キロで飛行でき、最高高度は4000メートルとなる。

発表に伴いNASAが公開したDragonflyの予想図やビデオを見ると、タイタンへのDragonfly投下には最初パラシュートを使い、途中からドローンとして飛び回る。

一方、NASAによると、タイタンは地球から14億キロ離れていて、Dragonflyがタイタンに到着するまでに8年かかるとのこと。打ち上げまでに7年、そしてタイタンに到着するまでに8年と壮大な計画となるが、成功すればかなり貴重な情報が得られるのは間違いないだろう。

NASA
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報