海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 定額制住み放題サービス「HafH」が国内&海外の利用拠点22施設を追加! 今年の夏休みは非日常で働き、生活してみよう

Enterprise

定額制住み放題サービス「HafH」が国内&海外の利用拠点22施設を追加! 今年の夏休みは非日常で働き、生活してみよう

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、国内のクラウドファンディング「Makuake」で合計1000万円以上の資金を集め、注目を集めたプロジェクトがある。定額制住み放題サービス「HafH」だ。

「HafH」を運営する株式会社KabuK Styleは、夏休みを前にして、利用可能な拠点を新たに22拠点追加した。国内外あわせて計82拠点でHafHが利用可能となり、来月以降も新たな利用可能拠点を追加していく予定だという。

・日本発のサブスク型住居サービス「HafH」に22拠点が追加


「HafH」とは、日本発の「世界を旅して働ける」サブスク型住居サービス。「ひとつの拠点に暮らしながら、働く」というかたちではなく、「拠点を移しながら暮らし、働く」という新しい形を提案している。

今回、新たに追加された拠点がある地域は以下。

【国内】岩手、秋田、福島、東京、石川、山梨、長野、滋賀、京都、和歌山、島根、福岡、長崎
【海外】タイ、台湾、マレーシア

2019年6月26日現在、HafH利用可能拠点がある全地域は以下(全82拠点)。

【国内71拠点】北海道、岩手、秋田、宮城、福島、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、愛知、滋賀、大阪、京都、奈良、和歌山、山口、岡山、広島、島根、徳島、愛媛、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、沖縄

【海外11拠点】タイ、台湾、マレーシア、ベトナム、フィリピン、ケニア、ギリシャ

全利用施設情報はこちら

・新たに東北地方が加わった


今回の拠点追加で、これまで進出していなかった東北エリアが加わる。夏の暑さから離れて避暑地として活用でき、暑くなる今からの季節にピッタリ。

【施設の一例】
◆Hostel&Bar CAMOSIBA(秋田:横手)
http://camosiba.com
蔵の街として知られる秋田県横手市で、蔵のあるお茶屋さんをリノベーションした「発酵バル&ゲストハウス」。店蔵部分はバルとなっており、百年続く麹屋出身の明るく気さくなオーナーが発酵料理を振る舞う。地酒や海外ビールとともにどうぞ。

母屋を改装した客室棟は、清潔でありながら昔ながらの日本らしい内装で、海外からのお客様に特に人気。最寄りの十文字駅から徒歩2分の好立地。秋田観光の拠点としておすすめ。

◆安比ロッキーイン(岩手:安比)
https://www.appirockyinn.com/
https://m.facebook.com/appirockyinn/
クラフトビールとバーベキューが楽しめる「働けるビアバー」。 ビールサーバーを完備した広々したラウンジでは、焚火台テーブル、カウンター席を仕事スペースとしても利用可能。仕事終わりには、テラスで岩手山を眺めながらBBQができる。音楽ライブも開催されているほか、近隣ではスキーや温泉などのアクティビティも楽しめる。

・九州エリアを強化


また、観光にも暮らしにも便利な九州エリアが更に拠点強化される。

【施設の一例】
◆島宿御縁(長崎:小値賀)
https://www.shimayadogoen.com
太陽のような笑顔のご主人とご家族・様々な旅人に出逢える旅館ゲストハウス一体型のお宿。青い海に広がる空、写真を切り取ったような絶景が溢れる楽園、長崎県の小値賀島にある。

世界遺産が見られるガイドツアーなど様々なアクティビティや文化交流、心の込もった素敵なおもてなしで、たくさんの「御縁」が結ばれること間違いなし!

◆ゲストハウスLAMP豊後大野(大分:豊後大野)
https://lamp-guesthouse.com/bungoohno/
ユネスコパーク認定の山あいにある、廃校を超リノベーション。山登りのロッジハウスとしても利用されていて、キャンプも可能。 新鮮な空気を吸いながら働いたあとは、地元のジビエ料理をぜひ堪能してみて。

他にも和歌山や京都などの近畿エリア、東京からも比較的近い関東近郊エリア拠点も強化される。

・台湾やマレーシアなどの海外エリアも


海外エリアも拠点が追加。夏休みを活用して、非現実的な場所でいつもの仕事をしてみるというワクワクを体感できそうだ。

【施設の一例】
◆28 SHU XIANG HOTEL(台湾:台中)
https://www.booking.com/hotel/tw/er-ba-shu-xiang-lu-su.en-gb.html
台中の静かで便利な住宅街にあり、逢甲夜市へもタクシーで5分で行ける。近くの公園やホテル内のラウンジ、庭では緑を見ながらリラックス。朝食は部屋の中でゆっくり食べることもできる。ホッと一息つける旅の拠点としておすすめ。

◆Paper Plane Hostel(マレーシア:クアラルンプール)
http://www.paperplanehostel.com
フレンドリーで丁寧なスタッフとかわいい猫ちゃんたちが迎えてくれる、アットホームなゲストハウス。仲良くなった旅人同士が、次の旅を一緒にすることもよくあることだとか。マレーシア最大の屋台街で有名なブキビンタンのアロー通りまでは徒歩5分の便利な場所にある。

・登録はわずか3ステップ


HafHの利用はいたって簡単で、わずか3ステップで登録が完了する。しかも登録初月は無料だというのも嬉しい。HafHのウェブサイトから登録、予約を行うことができる。

生活する場所、働く場所というのは密接に関係してきた。だが、働き方が多様化し、ノマドワーカーが増えた今、そのライフスタイルも変化しつつあるようだ。いつもと違う場所で「働き、生活してみる」ことは、日々の生活に刺激を与えてくれることだろう。

HafH
夏休みを前に「定額制住み放題サービス」HafH(ハフ)の利用可能拠点が新たに22拠点追加されました。 PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報