海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 急成長中の子供の古着販売サイト「thredUP」が増資、“世界最大の古着カタログ”を目指し大人服も販売へ

Start Up

急成長中の子供の古着販売サイト「thredUP」が増資、“世界最大の古着カタログ”を目指し大人服も販売へ

子供が大きくなって着れなくなった衣類を売り、そのお金で別の古着を安価で購入する。そんな習慣をアメリカの母親に提供している、子供の古着販売サイトthredUPが、このたび増資して販売商品を大幅に拡大すると発表した。現在扱っ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
子供が大きくなって着れなくなった衣類を売り、そのお金で別の古着を安価で購入する。そんな習慣をアメリカの母親に提供している、子供の古着販売サイトthredUPが、このたび増資して販売商品を大幅に拡大すると発表した。現在扱っているのは子供服のみだが、今後ティーンエイジャー、マタニティー、大人の服も扱うようになる。

thredUPの事業は急激に拡大しており、顧客数は40万人にのぼるという。今年3月までは、サイズのあわなくなった子供服の交換サービスも提供していたが、より質の高い商品を望む顧客の要望にこたえる形で交換サービスは停止し、現在は委託販売に特化している。現在オンラインカタログに載せている商品数は6万5000点から7万点。カリフォルニア州に流通センターを置いており、今回の増資で来年東海岸にも流通センターを設ける計画だ。

thredUPのCEOは、「来年の今頃までにはオンラインカタログに毎日2万5000点の商品を載せるようになる。世界最大の古着カタログを提供できる」と意気込む。そのために、現在手作業で行っているブランドやサイズ、しみの有無チェックといった仕分作業の機械化にも取り組んでいるという。

thredUP
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報