海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech BMWが次世代ハイブリッドカー「Vision M Next」コンセプトを発表

Tech

BMWが次世代ハイブリッドカー「Vision M Next」コンセプトを発表

BMWが最新のコンセプトカー「Vision M Next」を発表した。自動運転、マニュアル運転どちらのモードも搭載しているハイブリッドスポーツカーだ。 「自分でハンドルを握りたい」「運転は車に任せたい」というどちらの要望...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMWが最新のコンセプトカー「Vision M Next」を発表した。自動運転、マニュアル運転どちらのモードも搭載しているハイブリッドスポーツカーだ。

「自分でハンドルを握りたい」「運転は車に任せたい」というどちらの要望にも応えるもので、ハンドルを握る場合でも最先端の技術が運転をサポートする。

・トップスピード時速300キロ


ドイツ・ミュンヘンで開催されたBMWの次世代会議で披露された。写真やビデオをみると、まずは斬新なカラー配置に目がいく。大半はメタリックシルバーなのだが前後のみネオンオレンジで、車輪も前後で異なったものとなっている。

デザインは全体的にいかにもスポーツカー。もちろんパワーもある。ガソリンと電気のハイブリッドで出力は最高600hp、時速100キロまでの加速にはわずか3秒しかかからない。トップスピードは時速300キロだ。

・ドアは顔認証で


一方で、最先端の技術を搭載しているのもVision M Nextの売り。たとえば、ガルウィング式のドアは顔認証で開く。またARのヘッドアップディスプレイがあり、デジタルダッシュボードディスプレイには各種情報がリアルタイムに表示される。

ビデオをみると、駐車場などで呼び出したところに車が自動で来る機能もあるようだ。

次世代とうたうように、先端テックをフル活用しているこのコンセプト、こちらの公開ビデオで未来感を味わってほしい。

BMW

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報