海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise タクシー相乗りアプリ「nearMe.」、新潟県長岡市らと実証実験開始 地方生活者の「あし」としての役割に期待

Enterprise

タクシー相乗りアプリ「nearMe.」、新潟県長岡市らと実証実験開始 地方生活者の「あし」としての役割に期待

タクシーは便利な交通の「あし」だが、電車やバスなどの公共交通機関と比べると割高なのがネック。タクシー料金を割安にするために、“相乗り”をする手段もあるが、同じ目的地方面へ行く人を探すのも骨が折れるもの。 ・タクシー相乗り...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシーは便利な交通の「あし」だが、電車やバスなどの公共交通機関と比べると割高なのがネック。タクシー料金を割安にするために、“相乗り”をする手段もあるが、同じ目的地方面へ行く人を探すのも骨が折れるもの。

・タクシー相乗りマッチングアプリ「nearMe.」、長岡市で実証実験開始

もっと気軽にタクシーの相乗りができるようにしてくれるのが、タクシー相乗りマッチングアプリ「nearMe.」(ニアミー)だ。運営会社の株式会社NearMeは、長岡市ハイヤー協会と長岡市と共同で、長岡市内でMaaS領域におけるタクシー相乗りマッチングアプリ「nearMe.」の実証実験を2019年7月1日より開始する。

・地方で生活する高齢者の生活の「あし」の確保が急務

ここ最近、高齢ドライバーの事故が相次ぎ、社会問題としてクローズアップされている。運転免許証の自主返納ムードが高まる中、公共交通機関が少ない地方では、生活のための「あし」である自動車の重要度は高く、自家用車に替わる代替手段の提案は急務となっている。

「nearMe.」アプリの概要を説明しよう。「nearMe.」は、同じ方向に行きたい人同士が見つかり、タクシーで相乗りできるアプリ。相乗りすることで、長いタクシー待ちの行列を解消し、お得に移動することが可能だ。タクシーという日本の既存資産を活用する点が、Uberなどのライドシェアとは異なる点。

【タクシー相乗りアプリ「nearMe.」の利用イメージ】

1.高齢化が進んだ地域や買い物難民が多い地域でも気軽に利用できるサービスへ
2.イベントや観光地などでの2次交通、空港での混雑や白タク対策への貢献
3.電車遅延や運休時の代替輸送手段不足の解消・緩和(例)人身事故や大雨・大雪、震災など
4.終電と終バス時間のギャップによる長い待ち時間を解消し、より早くよりお得に目的に到着でき郊外でも住みやすい住環境(移動環境)を構築

◆利用エリア出発地が東京都、神奈川県、埼玉の一部エリアで利用可能。今回は実証実験期間のみ長岡市で利用可能 ※随時拡大予定

・実証実験は2019年7月1日から2クールに分けて実施

今回の長岡市との提携は、地方の生活の「あし」を支える仕組みづくりの施策のひとつ。

MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)領域の試みとして、同じ方向に行きたい人同士が見つかり、タクシーで相乗りできる「nearMe.」アプリの技術を活用することで、 市民にタクシーの新しい乗り方を提案するとともに、地域交通の利便性向上に寄与する可能性について検証していく。

あわせて、先進技術を持つ企業と共同でよりよい市民生活の実現を目指す「オープンイノベーション」の一環として、高齢者等の移動手段、ターミナル駅からの二次交通、バス・タクシーのドライバー不足、また遠隔地でおこなわれる大規模イベント(長岡米百俵フェス(10 月12 日・13 日))への交通手段といった地域交通に関する諸課題に対して、相乗りマッチングアプリやその派生技術の活用による解決の手段としても期待されている。

◆実施期間
(第1クール) 2019年 7月1日(月)~ 8月31日(土)
(第2クール) 2019年10月1日(火)~11月30日(土)

・NearMe社長 髙原氏のコメント

このたびの実証実験開始について、NearMe代表取締役社長 髙原幸一郎氏がコメントを寄せている。
「高齢ドライバーによる交通事故が相次ぐ中、地域交通の具体的な解決策を長岡市や長岡市ハイヤー協会と模索していきます。

まずは、駅前を中心にタクシーの相乗りで新しい移動方法の実証実験をおこないます。その次のステップとしてターゲットを拡大し、長岡花火などのイベント時の混雑解消、観光や高齢者の移動問題対応など、AIシャトルサービスを組み合わせた展開につなげていきたいと考えております。

同様の課題をもつ地域は全国各地にあると感じており、今回の実証実験が全国展開のきっかけになり、市民のみなさんにとって新しい地域交通として根付けば幸いです。」
地方生活者の暮らしを支える「あし」として、既存の交通資源であるタクシーが相乗りタクシーとして機能していけば、自治体にとっても新たな交通機関を導入するための負担がなく、地方生活者の経済負担軽減にもつながる。ますます高齢化社会が進む日本にとって、新たな活路を開くことにつながっていくかもしれない。

長岡市
株式会社NearMe
タクシー相乗りアプリ「nearMe.」を活用した、地方都市における相乗りの実証実験を、新潟県長岡市・長岡市ハイヤー協会と共同で開始 PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報