海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up まるでSFの世界! 走って飛べるクルマ「ASKA」のコンセプト公開

Start Up

まるでSFの世界! 走って飛べるクルマ「ASKA」のコンセプト公開

道路を走っていた車から翼が出現して空を飛ぶ、と聞くと何やらSFの世界の話のようだが、近い将来、現実のものとなるかもしれない。 米国カリフォルニアに本部を置き、イスラエルにR&Dセンターを構える航空スタートアップN...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
道路を走っていた車から翼が出現して空を飛ぶ、と聞くと何やらSFの世界の話のようだが、近い将来、現実のものとなるかもしれない。

米国カリフォルニアに本部を置き、イスラエルにR&Dセンターを構える航空スタートアップNFTはこのほど、道路を走行できる電動垂直離着陸機(eVTOL)のコンセプトを発表した。

・計14のファン搭載


未来感満載のこのeVTOLの名称は「ASKA」。日本人なら、飛鳥? と思うだろうが、創業者でCEOのMaki Kaplinsky氏は日本人と思われ、日本語の飛鳥からきているようだ。

この名称にしたのはおそらく飛ぶ鳥のイメージだからだろう。ASKAは左右に長く伸びる翼を備えている。翼の先端にはファンがあり、またボディ前後に配置されたものと合わせて計14のファンで揚力を得る。

垂直に離陸することができ、そして一定の高度に達したらファンは角度を変え、これにより前進する仕組みのようだ。

・翼は折りたたみ式


そして道路を走行するときは、翼は折り畳まれる。ボディは通常の車と同等のサイズだが、畳まれた翼がボディの上にくると一回り大きくなる。

また、翼を広げるとなかなかのサイズになることから、滑走路は不要にしてもそれなりのスペースを確保できるところでの離発着となりそうだ。

同社サイトによると、個人への販売に加えて、サブスクリプションサービスの展開を視野に入れている。来年にもプロトタイプを発表する予定とのことで、車から飛行機やドローンに乗り換えることなく目的地までスムーズに移動できる日はそう遠くないのかもしれない。

NFT

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報