海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 車にリアカメラを追加するパーキングセンサー「FenSens」に後継機種が登場!

Tech

車にリアカメラを追加するパーキングセンサー「FenSens」に後継機種が登場!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「FenSens」というカー用品について、Techableが報道したことがある。2016年の話だ。

このFenSensは、車の後方ナンバープレートのフレームに超音波センサーが内蔵されているというもの。車庫入れなどの際に、センサーが車体後方の障害物等を感知してスマホに表示する設計だった。

そのFenSensに、後継機種が登場した。クラウドファンディング「Indiegogo」に出展され、多額の資金を集めている。

・待望のカメラ搭載!

前作のFenSensは、あくまでもセンサーのみの搭載だった。従って専用アプリに表示される画像も、あくまでもイラストの域を出ない。

が、今作ではついにカメラが搭載された。このカメラは1080p対応で、明瞭な映像をスマホに映し出す。センサーだけではさすがに頼りない、と感じてしまうドライバーにとっては朗報だ。

また、前作は脱着式のバッテリーで作動していた。一度の充電で約5ヶ月は持つとはいえ、それでも再充電が必要だ。しかし今作ではソーラーパネルが搭載された。より合理的な設計になっているのだ。

・音声アシスタントに対応

それに加え、FenSensはSiriやGoogleアシスタントに対応するようになった。Amazon Alexaにも今後対応予定だという。

新型FenSensは現在、Indiegogoで179ドル(約1万9500円)からの出資枠を公開している。配送は今年8月に行われる予定だ。

Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報