海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech お手軽水中スクーター「MagicJet」は2台を合体させて速度アップ可能!

Tech

お手軽水中スクーター「MagicJet」は2台を合体させて速度アップ可能!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏のレジャーについて検討する時期が近付いている。夏といえば、やはり海。マリンスポーツに打ち込める季節が、そろそろやって来る!

この記事で紹介する「MagicJet」は、手軽にダイビングを楽しめる水中スクーター。ウェアラブルカメラでの海中撮影も想定した製品である。これひとつあれば、夏の海を思う存分満喫できそうだ。

・最大深度50m!

MagicJetはモジュラー構造の水中スクーターである。1台使用の場合の水中速度は時速6.4km、連続稼働時間は最大100分。最大深度は50mというから、このあたりはややオーバースペックかもしれない。

「1台使用の場合」と先述したが、このMagicJetは2台を結合させることも可能だ。その場合はもちろん、速度が向上する。

上下を逆さにしても運用できる特性もある他、バッテリー部分を即座に付け替えることができる構造で、予め予備のバッテリーを用意しておけばいつまでも潜水することができる。なお、バッテリーの再充電に要する時間は最大3時間。

・GoProを装着できる!

さらにMagicJetには、GoProを始めとするウェアラブルカメラを装着できるマウントが備わっている。ハンズフリーで海中を撮影することができるのだ。

このMagicJetは、クラウドファンディング「Kickstarter」で出資を募っている。価格は1台2503香港ドル(約3万4500円)から。今年8月に配送予定とあるから、日本のレジャーシーズンには間に合うかもしれない。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報