海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 未来の飛行機はV字型に?! KLMとデルフト工科大学が開発で協力

Tech

未来の飛行機はV字型に?! KLMとデルフト工科大学が開発で協力

胴体から左右に翼が伸びるという飛行機のデザインの概念が近い将来大きく変わることになるかもしれない。 KLMオランダ航空とデルフト工科大学(TU delft)は、空気抵抗を抑えて効率的に長距離飛行ができるとされる「フライン...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
胴体から左右に翼が伸びるという飛行機のデザインの概念が近い将来大きく変わることになるかもしれない。

KLMオランダ航空とデルフト工科大学(TU delft)は、空気抵抗を抑えて効率的に長距離飛行ができるとされる「フライングV」と呼ばれるコンセプトの開発でパートナーシップを結んだことを発表した。

・エンジンは内側に


フライングVのデザインはかなりユニークだ。まさにV字型で、コックピットと前部はくっついているが、後方は二又に分かれる。そして分岐した部分の内側にエンジン2つがついている。

普通の飛行機に比べて場所を取りそうにも見えるが、幅や長さなどは変わらないとのことで、現在の空港設備でそのまま使用できる。

・燃費20%アップ


肝心の飛行効率はというと、V字デザインによりよ機体の流線度合いがアップし、最も先進的といわれているエアバスのA350より必要とする燃料は20%少ないのだという。

また搭乗できる乗客数は314人、収容貨物量は160立方メートルとA350と変わらないとのこと。

KLMとTU delftは今後具体的に開発を進めるが、まずはV字航空機の実物(フルスケール)を、KLM 100周年記念として10月にオランダ・スキポール空港で展示する予定。

航空関係者はもとより、世界初の機体デザインとなるだけに、内外の航空ファンからも大きな注目を浴びそうだ。

TU delft

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報