海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise トラやサメが目の前に!Google、検索した動物が実物大でAR表示される注目の新機能を発表

Enterprise

トラやサメが目の前に!Google、検索した動物が実物大でAR表示される注目の新機能を発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
5月7日から9日にかけて開催されたGoogle恒例のデベロッパーカンファレンス「Google I/O 2019」。「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」の発売が発表されるなど、期待に十分応えた内容となった。

中でも注目はGoogle検索の新機能。検索した動物や人体などの画像を3D化し、さらにARとして表示するというもの。例えば「ホオジロザメ」を検索したとする。そこで画像をタップすると、3D表示になり、さらにタップすると実物大のAR表示になる。ホオジロザメの実際のサイズは18フィート(約5.5メートル)にも及ぶわけだから、本物の迫力を肌で感じるには最適な機能と言えよう。

・サメやジャイアントパンダの画像をリアルに表示

AR表示される動物は次のとおり。サメ、ライオン、トラ、クマ、アルパインヤギ、ティンバーウルフ、ハリネズミ、皇帝ペンギンなど。また、ジャイアントパンダのような複数の動物に限られるが、AR互換性のあるデバイスであればChromeとGoogleアプリを通して食事する画像を映すことも可能だ。

Googleは本機能実現のため、NASA、New Balance、Samsung、Target、Visible Body、Volvo、Wayfairと提携。これらの企業が保有する画像データを3D・AR化している。将来的にはショッピングのユースケースや研究ツール用の人体解剖学といったサードパーティのコンテンツを浮上させる予定もあるという。

・AR Core対応端末なら日本でも利用可能

米国で5月30日にリリースされたこの機能。日本での展開は今のところ未定だが、AR体験構築のためのSDK「AR Core」をサポートするデバイスなら利用できるようだ。ちなみに現段階で対応する端末はGoogleのPixel、Pixel XL、Pixel 2、Pixel 2 XL、SamsungのGalaxy S8/S8+、Note8/S7/S7 edge、LG ElectronicsのV30とV30+(Android Oreo版)など。言語は英語になるようなのでご注意を。

souce by 9to5 Google
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報