海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise ウォルマートがバーコード読み取り型のレジレスサービスをカナダで初めて導入

Enterprise

ウォルマートがバーコード読み取り型のレジレスサービスをカナダで初めて導入

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
大手スーパーマーケットチェーンのウォルマート(Walmart)は、2019年5月29日、カナダのトロントで新たに開業した都市型スーパーセンターにおいて、専用スマホアプリを活用したレジレスサービス「Fast Lane」を導入した。

・スマホアプリで商品バーコードを読み込み、カード決済するレジレスサービス

スーパーセンターとは、食品スーパーとディスカウントストアを一体化させ、衣食住をワンフロアで網羅した小売業態のひとつで、ウォルマートがその先駆的存在だ。

ウォルマートは、カナダで、eコマースや最先端テクノロジーを活用した新たな都市型スーパーセンターの確立に取り組んでおり、初の実験店舗をトロントで開設した。

この実験店舗では、レジで精算する代わりに、利用者が商品のバーコードを専用アプリ「My Walmart App」で読み取り、クレジットカードで決済する「Fast Lane」を導入。

陳列棚などから商品を選ぶごとに、パッケージに印刷されているバーコードを読み取っていき、買い物が完了した時点でスマホ画面上の「Checkout」ボタンをタップすると、決済用バーコードが表示される仕組みだ。

「Fast Lane」の専用レーンに進んで、この決済用バーコードを専用機にかざすと、クレジットカードで決済され、画面に表示されたレシートを係員に提示して、退店する流れとなっている。

なお、店内では無料のWiFiサービスが提供されているほか、充電スポットも設置されている。

・レジレスサービスをカナダで展開していく方針

ウォルマートでは、米国で同様のレジレスサービス「Scan & Go」の実証実験を2018年4月までに完了させており、このトロントの実験店舗を皮切りに、カナダでも「Fast Lane」の仕組みを実装していきたい方針だ。(文 松岡由希子)

Walmart Canada
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報