海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile Google Glass風スマートヘルメットが登場 運転中、視界内に情報を表示

Mobile

Google Glass風スマートヘルメットが登場 運転中、視界内に情報を表示

最新のテクノロジーが家庭の家電や設備に次々と導入されているが、車やバイクなどの乗り物にも、新しい技術が取り入れられてきているようだ。ただ、車などの乗り物では、便利な機能が使えたとしても、安全を妨げないことがもっとも重要視...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
RideHUD最新のテクノロジーが家庭の家電や設備に次々と導入されているが、車やバイクなどの乗り物にも、新しい技術が取り入れられてきているようだ。ただ、車などの乗り物では、便利な機能が使えたとしても、安全を妨げないことがもっとも重要視されるだろう。

「Ride:HUD」というバイクのヘルメットにつけるツールは、利便性を向上させつつ、運転中のユーザーの視線を、路上に留めることを意識して開発されたもの。ヘルメットの透明なバイザー部分をディスプレイとして、さまざまな情報やデータをリアルタイムに映し出してくれるもので、Google Glassと同じようなウェアラブルツールだ。

HOLOEYE SystemsとAPX Labsが共同で制作をおこない、先日まで資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催していた。フルフェイス型の既存のヘルメットであれば、どんなものにも対応していて、ヘルメットのあご部分に装着して使用する。

ヘルメットはユーザーのスマートフォンと同期するようになっていて、専用のアプリを通じて操作をおこなう。GPS対応のマップや方向を表示するナビゲーション機能を活用して目的地を目指したり、バイクの現在のスピードや走行履歴を閲覧したりできるほか、現地の天候情報をキャッチして、悪天候のエリアを回避するようなことや、写真や動画を撮影したり、着信があった場合に誰からの電話なのか、また、音楽プレイリストのどの曲が流れているのかを表示するような機能も保有しているという。

走行中に前方への注意を散漫にすることは安全運転上好ましくないが、「Ride:HUD」ならば、視界の範囲内に情報がコンパクトに表示されるため、そういった心配も少ないだろう。

Ride:HUD
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報