海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile お好みのポルシェを自宅のガレージに! 仮想現実を使ったアプリをリリース

Mobile

お好みのポルシェを自宅のガレージに! 仮想現実を使ったアプリをリリース

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
車は高い買い物だ。しかもポルシェとなると桁が違う。購入するとなったらあらゆる点を吟味するだろうが、外観が本当に自分の好みに合うか、自宅の庭に置いたときに違和感がないか、というのは今ひとつピンとこないかもしれない。

そこでポルシェがこのほどリリースしたのは仮想現実(AR)を使って、デバイス越しにポルシェを自分の庭に持ってこれるアプリだ。

・まずはカレラSなど3種


アプリの正式名称は「Porsche Augmented Reality Visualizer App(PARVA)」。iOS版とAndroid版が用意された。

アプリのリリースにあたり、現在ARで登場させられるのは「ポルシェ911 カレラS」「カイエンクーペ」「ミッションE」の3種。車種やボディカラーなどを選んで自宅のガレージや庭先に置いて雰囲気を知ることができる。

・テック詳細もビジュアル化


アプリではまた、車をスケルトン表示して、テックの詳細をビジュアルに確認できるようにもなっている。具体的には、キャシー下をのぞきパワートレインを見ることができる。

これは、すでにポルシェがウェブで展開しているカスタマイズ機能と連動している。ウェブ上で「マイ・ポルシェカー」を組み立て、そのコンフィギュレーションデータをそのままモバイルアプリに反映させるという仕組みだ。

今後対応車種は増えるとのことで、ポルシェ車の購入を検討している人はもちろん、実際には手が出ないけれど憧れているというファンは試してみない手はなさそうだ。

Porsche
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報