海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ラスベガスで展開中のLyft自動運転タクシーが1年で乗車5万回を達成!

Tech

ラスベガスで展開中のLyft自動運転タクシーが1年で乗車5万回を達成!

配車サービスのLyftは、自動運転技術開発Aptivの協力を得て昨年5月に自動運転タクシーのサービスをネバダ州ラスベガスで開始した。それから約1年、Lyftは乗車5万回を達成したと発表した。 利用した客の評価は5段階で4...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
配車サービスのLyftは、自動運転技術開発Aptivの協力を得て昨年5月に自動運転タクシーのサービスをネバダ州ラスベガスで開始した。それから約1年、Lyftは乗車5万回を達成したと発表した。

利用した客の評価は5段階で4.97と非常に高く、客の92%は「自動運転タクシーは安全だ」と感じているという。

・14回乗車の客も


Lyftは現在、車両30台でサービスを展開していて、この手の商業展開としては米国で最大規模となる。

同社は昨年8月に乗車5000回を達成したことを明らかにしていて、1年で5万回というのは8月以降、加速度的に利用が増えたことを意味する。Lyftによると、中には14回乗車した人もいるという。

・客の反応に手応え


乗客のフィードバック分析では、乗客の95%が自動運転車の利用は初めてで、にもかかわらず92%が「かなり安全」と感じたとのこと。

車両には緊急事態に備えてセーフティドライバーが乗り込んでいるが、どれくらいドライバーの出番があったのかは明らかにされていない。少なくとも事故などは報告されておらず、まず堅調な滑り出しといえるだろう。

もちろん乗車5万回というのは、Lyftが従来展開しているドライバーによる配車サービスには遠く及ばない。5万という数字を365で割ると1日あたり137回の利用となる。それをさらに車両台数で割ると1日あたり1台の乗車は4.6回だ。

新しい技術を活用した新サービスだけに最初にハードルがあるのは当然で、フィードバックにある通り「安全だ」と感じているのなら、自動運転タクシーが社会に馴染むのは時間の問題といえそうだ。

Lyft

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報