海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 収益の50%を地域コミュニティに寄付するP2P型空き部屋マッチングサービス「Fairbnb」

Start Up

収益の50%を地域コミュニティに寄付するP2P型空き部屋マッチングサービス「Fairbnb」

Fairbnb(フェアビーアンドビー)は、Airbnb(エアビーアンドビー)に代表されるP2P型空き部屋マッチングサービスの代替サービスとして創設されたオンラインプラットフォーム。 2016年にイタリアのベニス、ボローニ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Fairbnb(フェアビーアンドビー)は、Airbnb(エアビーアンドビー)に代表されるP2P型空き部屋マッチングサービスの代替サービスとして創設されたオンラインプラットフォーム。

2016年にイタリアのベニス、ボローニャ、オランダの首都アムステルダムで相次いで生まれ、2018年末には、協同組合として正式に組織された。

・手数料の50%を地域活性化プロジェクトに寄付

Fairbnbは、Airbnbなどと同様に、空き部屋を貸し出したいユーザーと旅行者をマッチングするという基本的な機能を実装したうえで、地域コミュニティを中心に据え、より公正で、持続可能性に配慮されているのが特徴だ。

Fairbnbでは、国や地方自治体が定める民泊の法令を遵守した物件のみを扱い、1ユーザーあたり1物件のみ投稿できる。

また、Fairbnbが成約ごとに得る手数料のうち、50%を地域コミュニティに寄付する仕組み。

旅行者が、公民館の建設やコミュニティガーデンの設置など、応援したい地域活性化プロジェクトを指定すると、手数料の半額がそのプロジェクトに寄付される流れとなっている。

・オープンプラットフォームとして世界各地に展開へ

Fairbnbは、この空き部屋マッチングサービスの正式なリリースに先立ってIndiegogo(インディーゴーゴー)でクラウドファンディングを実施し、8556ドル(約93万7200円)以上の資金を調達している。

Fairbnbはオープンプラットフォームを志向しており、今後、欧州を中心に、世界各地で幅広く展開していく方針だ。(文 松岡由希子)

Fairbnb
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報