海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 各地域の方言に対応!看板や文章の翻訳もできるカメラ搭載型翻訳機「Vormor」

Tech

各地域の方言に対応!看板や文章の翻訳もできるカメラ搭載型翻訳機「Vormor」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
一口に英語といっても、その方言は多数存在する。例えばイギリスでは行列のことを「queue」というが、アメリカでは「line」である。また、地域によっては頭文字の「H」を飛ばすことがあり、「I have a Hat」が「アイ・アブ・ア・アット」という感じに聞こえる。

何かと話題の自動翻訳機も、そうした方言の差異に対応するようになった。この記事で解説する「Vormor」も、各国の方言に対応した音声翻訳機である。

・各国語の方言も翻訳

Vormorはその本体にディスプレイとカメラを搭載した製品。特にカメラは極めて重要な機能を果たしているが、それは後述したい。

Vormorは53言語に対応しているが、それとは別に英語、スペイン語、中国語、アラビア語の各方言もカバーする。こちらは51種類。単純にプラスすれば、合計104言語に対応するということだ。

特に中国語は、微妙な発音が鍵を握る言語である。同じ中国でも地域によって差異があり、言葉が通じなくなってしまうということが起こる。つまり中国人同士でもVormorを活用できる余地がある、ということだ。

・看板の文字を母国語に

また、Vormorはテキスト翻訳機能がある。そこで活きるのが内蔵カメラだ。

これで看板の文字を撮影すると、Vormorがそれを翻訳してくれる。街中の看板は、必ずしも英語併記ではない。駅やバス停の案内表示を翻訳する時にも使えるだろう。

Vormorはクラウドファンディング「Kickstarter」で出資を受け付けている最中だ。価格は777香港ドル(約1万800円)から。今年7月に出荷予定である。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報