海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 街乗りにぴったり!? チェコ車メーカーŠKODAの初EVは2万ドル以下!

Tech

街乗りにぴったり!? チェコ車メーカーŠKODAの初EVは2万ドル以下!

フォルクスワーゲン傘下のチェコ自動車メーカーŠKODA(シュコダ)が価格2万ドル(約220万円)以下とする電気自動車「CITIGOe iV」を発表した。 電気自動車(EV)に関心はありつつも「ガソリン車よりもかなり高いは...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクスワーゲン傘下のチェコ自動車メーカーŠKODA(シュコダ)が価格2万ドル(約220万円)以下とする電気自動車「CITIGOe iV」を発表した。

電気自動車(EV)に関心はありつつも「ガソリン車よりもかなり高いはず」と警戒している消費者の注意をひく存在となりそうだ。

・庶民的な価格で


EVにとっての大きなハードルは主に2つある。1つはバッテリー充電に伴う消費者の不安や負担。そしてもう1つが価格だ。

EVの先駆けといえばテスラだが、そのテスラ車は高価格で万人向けのものではない。実際にはテスラ車だけでなくその他メーカーから出ているEV全般に庶民には手が届かないものが多い。

そこへくると、2万ドルというのは、かなり現実的な設定といえる。給油不要のEVの初期費用は長期的視野でとらえる必要があるが、初期費用が抑えられるにこしたことはない。

・航続距離は265キロ


4ドアのコンパクトカーCITIGOe iVのサイズは長さ3597ミリ、幅1645ミリ。基本スペックはというと、61kWのモーターと36.8kWhのリチウムイオン電池を搭載し、航続距離は265キロメートルとなっている。

長距離を頻繁に走る人には物足りないかもしれないが、日常で使う分にはまず十分だろう。むしろ、そうした人の需要を想定してのものといえる。

ŠKODAはCITIGOe iVの生産を今年後半にも開始する予定。親会社のフォルクスワーゲンは2025年までにグループ全体で年間200〜300万台のEVを生産する計画を掲げていて、CITIGOe iVもそれに貢献することになる。

ŠKODA

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報