海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up スマートオーブンを活用した食材宅配サービスTovalaがBeyond Meatの代替肉メニューを導入

Start Up

スマートオーブンを活用した食材宅配サービスTovalaがBeyond Meatの代替肉メニューを導入

スマートオーブンを活用した米国の食材宅配サービス「Tovala」は、代替肉を開発・製造するスタートアップ企業「Beyond Meat(ビヨンド・ミート)」と提携し、2019年6月から「Beyond Meat」の代替肉を用...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートオーブンを活用した米国の食材宅配サービス「Tovala」は、代替肉を開発・製造するスタートアップ企業「Beyond Meat(ビヨンド・ミート)」と提携し、2019年6月から「Beyond Meat」の代替肉を用いたメニューの提供を開始する。

・「Tovala」のスマートオーブンでBeyond Meatの代替肉メニューを調理

「Tovala」は、専用スマートオーブンと半調理済みの食材とを組み合わせた食材宅配サービスだ。

同梱されている調味料などを加えてスマートオーブンに食材を入れ、食材のパッケージに印刷されているQRコードをスマートオーブンのスキャナーにかざして読み取らせると、レシピのデータがスマートオーブンにダウンロードされ、自動で最適に調理される。

「Tovala」では、ミンチ状の「Beyond Beef Crumbles」やソーセージ形の「Beyond Sausage」など、「Beyond Meat」の代替肉を使った新メニューを追加。

2019年6月以降、ベジタコスやペンネボロネーゼなど、週替わりでメニューを展開していく。

・米国の代替肉市場は740億円規模に拡大

市場調査会社ニールセンによると、米国では、2018年時点で、食肉市場が前年比2%増にとどまった一方、代替肉市場は前年比24%増加し、その規模は6億7000万ドル(約739億円)に達している。

「Beyond Meat」は、米国内外3万3000以上の小売店や飲食店に代替肉を提供しているほか、オーガニックメニューに特化した食事宅配サービス「Trifecta」やビーガン専門のフードデリバリー「Fresh n’ Lean」とも提携しており、販路をさらに拡大させていくとみられる。(文 松岡由希子)

Tovala + Beyond Meat
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報