海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Release デジタル・ネイティブ・ストアへの進化を加速~丸井グループとFABRIC TOKYOが資本業務提携~

Release

デジタル・ネイティブ・ストアへの進化を加速~丸井グループとFABRIC TOKYOが資本業務提携~

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)は、この度、カスタムオーダーアパレルブランド「FABRIC TOKYO」を運営する株式会社FABRIC TOKYO(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 雄一郎 以下「FABRIC TOKYO」)へ出資を行い、資本業務提携契約を締結いたしました。これにより、定借化完了後の店舗戦略として掲げる「デジタル・ネイティブ・ストア」の実現に向けた取り組みを推進してまいります。

画像1:


■ 新たな店舗戦略「デジタル・ネイティブ・ストア」
当社グループは2015年3月期より、小売セグメントにおいて百貨店型からSC型へ 事業モデルの転換を進めてまいりました。2019年3月期には計画を完了し、新たな店舗戦略として「デジタル・ネイティブ・ストア」の実現を掲げております。
「デジタル・ネイティブ・ストア」とは、これまでの店舗主体のビフォアデジタルからデジタル 主体のアフターデジタルへの環境変化を踏まえ、デジタルネイティブ世代がよく利用する D2C(ダイレクトトゥコンシューマー)やシェアリング、サブスクリプションなどのデジタル・ネイティブ・ブランドで構成された店舗のことです。「デジタル・ネイティブ・ストア」では、これらのブランドとの共創により、リアル店舗ならではの体験・コミュニティの場を提供してまいります。


画像2:

■ FABRIC TOKYOについて
[テキスト ボックス: 新宿マルイ 本館の店舗] 「FABRIC TOKYO」は、オーダーメイドのビジネスウェアを適正価格でご提供するD2Cブランドです。20~30代の 忙しく働くビジネスパーソンを中心に支持されており、当社 グループの店舗においては、これまでに「新宿マルイ 本館」「渋谷モディ」「池袋マルイ」に出店、店頭ではお客さまに素材や生地をお選びいただき、無料で採寸を行っています。採寸された体のデータはクラウドに保存され、その後は、ECでも店頭でも、気軽に購入ができるサービスとなっています。


■ 今後の取り組み
今回の出資を皮切りに、「マルイ」「モディ」への出店拡大のほか、当社グループが発行するクレジットカード「エポスカード」においては、約690万人におよぶ会員の送客を通じた新規顧客獲得の支援、また提携カードの発行などを進めてまいります。
当社グループは、すべての人の「しあわせ」をステークホルダーと共に創る「共創サステナビリティ経営」を進めています。スタートアップ企業との協業による共創活動を進めることで、その企業が持つ独自のノウハウと、当社グループの経営資源やノウハウを組み合わせ、新しい価値を共に創り上げてまいります。

今後も、D2Cやシェアリング、サブスクリプションといった、さまざまなデジタルネイティブブランドとの連携を進め、お客さまへリアル店舗ならではの体験・コミュニティの 場を提供する「デジタル・ネイティブ・ストア」への進化をめざしてまいります。

■ FABRIC TOKYOの概要
商号     : 株式会社 FABRIC TOKYO
本社所在地  : 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-7 丸栄ビル5F
代表電話   : 03(6277)5536
URL    : https://corp.fabric-tokyo.com/
社長     : 森 雄一郎

■ 丸井グループの概要
商号     : 株式会社 丸井グループ
本社所在地  : 〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表電話   : 03(3384)0101 FAX 03(5343)6615
URL    : http://www.0101maruigroup.co.jp/
社長     : 青井 浩
主な関連会社 : (株)丸井、(株)エポスカード、(株)エイムクリエイツ ほか

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事

WHAT'S NEW

最新情報