海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Release 楽天、児童向け英語教育サービス「Rakuten ABCmouse」を、一般企業等の法人向けに期間限定で無償提供

Release

楽天、児童向け英語教育サービス「Rakuten ABCmouse」を、一般企業等の法人向けに期間限定で無償提供

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、3歳から8歳を対象とした児童向け英語教育サービス「Rakuten ABCmouse」(読み仮名:ラクテンエービーシーマウス)を、一般企業等の法人向けに本日より期間限定で無償提供します。

 本サービスは、パソコンのウェブブラウザ上、Android版およびiOS版のアプリ上で利用でき、5,000以上の英語学習アクティビティーを通じて、2,000以上の英単語をフレーズとともに学ぶことができます。今回開始する無償提供は、一般企業等の法人を対象としており、申し込まれた法人で勤務する従業員のお子様が、ご家庭で本サービスを利用することができるようになります。

 無償提供への申し込みは、法人単位で受け付けています。利用期間は使用開始日から45日間です。本活動は、これまでの休校で学習機会が損なわれた、または今も授業などを受けることができない子どもたちへの学習機会の創出を支援するために行っています。

 当社ではこれまでも、新型コロナウイルス対策における一斉臨時休校を受け、3月から5月まで学校・塾・英会話スクールなどを運営する法人を通じて、それぞれの生徒である子どもたちに本サービスを無償で提供してきました(注)。また、2020年5月に、楽天グループ各社で希望する従業員に本サービスの無償提供を行ったところ、従業員から多くの反響がありました。これらの結果を踏まえ、自宅待機するお子様がいるご家庭において学習サービスへの需要が大きいと考え、今回の無償提供を決定しています。

 楽天は今後も、これまで培ってきた教育サービスのノウハウを活用し、子どもたちへの学習機会の創出に貢献してまいります。

(注)2020年 3月6日(金)から4月30日(木)まで、学校・塾・英会話スクールなどを運営する法人向けに無償提供を行い、その後2020年5月31日(日)まで利用期間を延長しました。
https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2020/0306_02.html

■「Rakuten ABCmouse」法人向け無償提供について
・申込対象: 一般企業等の法人
 ※個人からのお申し込みは受け付けておりません。
 ※各法人に所属する従業員のご家族が利用対象となります。顧客等は利用できません。
・申し込み期間: 2020年6月3日(水)~2020年6月30日(火)
 ※状況に応じて期間を変更する場合があります。
・利用期間: 使用開始日から45日間
 ※使用開始期限は、2020年7月30日(木)までとなります。
 ※45日間の利用期間終了後も継続利用をご希望される場合、別途お申し込みが必要となります。
  自動延長により有償となることはありません。
・お申し込み方法:
 ご利用を希望される法人は、問い合わせメールアドレス( rse-abcsupport@mail.rakuten.com )まで
 法人名・担当者名を明記の上ご希望の内容を添えてご連絡ください。利用条件、提供方法等の詳細について
 ご案内させていただきます。

■「Rakuten ABCmouse」について
「Rakuten ABCmouse」( https://english.rakuten.co.jp/app/abcmouse/ )は、2019年11月に楽天が、Age of Learning, Inc.(本社:カリフォルニア州ロサンゼルス、CEO:Paul Candland)と業務提携し展開している児童向け英語教育サービスです。楽天は本サービスの個人向け販売を、日本国内で独占的に行っています。本サービスの利用者は、5,000以上の英語学習アクティビティーを通じて、2,000以上の英単語をフレーズとともに学ぶことができます。英語を習得するための本格的なアプローチを採用しており、絵本・音楽・パズル等を通じて英語に対する興味関心を育むことで、自然に学習へとつながる点が最大の特長です。本サービスの開発の根幹となる「ABCmouse.com(R) Early Learning Academy」は、米国で公的に認められた児童教育の専門家チームとともに、Age of Learningが開発した米国No.1(※)の学習カリキュラムで、米国ではすでに15万以上におよぶ学校などの学習現場や、半数以上の国公立図書館に導入されています。

※Apple Inc.が提供する米国のApp Storeにおいて、KidsカテゴリとEducationカテゴリの両方で売上No.1の子ども向けアプリとなりました(2019年10月24日時点)。

※記載されている会社名・製品名・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

以 上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事

WHAT'S NEW

最新情報