海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Release 民謡界の貴公子 剣持雄介、ソニーミュージック移籍第一弾をリリース!

Release

民謡界の貴公子 剣持雄介、ソニーミュージック移籍第一弾をリリース!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
画像1:

全国の民謡を唄い、三味線・太鼓奏者としても活動する民謡界の次世代アーティスト 剣持雄介が、ソニーミュージックの邦楽専門レーベル「粋凜」より、移籍第一弾作品「謡-Uta-」を12月4日に発売する。

今回発売となる「謡-Uta-」は、 剣持自らが胸の熱くなる民謡を選曲。「尾鷲節保存会」との共演による地元の薫りただよう「なしょまま~寄せ太鼓~尾鷲節」、津軽三味線・太鼓をすべて自身で演奏した「津軽三下り」、また和楽器編成による神奈川県民謡「いかとり唄」、そして剣持が得意とする新潟民謡「佐渡おけさ~選鉱場おけさ」の4曲を収録したミニアルバムとなっている。
またジャケット写真は、民謡作品としては珍しく、着物ならぬカジュアルな洋服姿。そこには剣持の「民謡を若い世代にも、もっと身近に感じてほしい」という願いが込められている。

両親が民謡を唄っていたため、生まれる前から民謡に触れていた剣持。3歳で初舞台を踏み、その後数々のコンクールに出場して優勝の栄誉を手にしてきた。現在はテレビ・ラジオへの出演や、剣持を中心に結成された「和奏団 樂謡座」がマレーシアで旗揚げ公演するなど、民謡の魅力を広めるべく、国内外で幅広く活動を展開している。
画像2:

今回のタイトルは「謡-Uta-」。民謡や童謡などでしか見かけることのない「謡」という字に、「唄うことが好きだ、民謡が好きだという自分の想いを改めて伝えたい」と名付けた。精彩な表現力あふれる剣持雄介の“謡(うた)空間”を体感する、待望の1枚だ。


画像3:

【商品情報】
〇剣持雄介
タイトル:『謡-Uta-』
発売日:2019年12月4日
価格:¥1,364+税
品番:MHCL-2832
発売:(株)ソニー・ミュージックダイレクト

<収録曲>
1.なしょまま~寄せ太鼓~尾鷲節
2.佐渡おけさ~選鉱場おけさ
3.津軽三下り
4.いかとり唄


【剣持雄介(けんもち・ゆうすけ)プロフィール】
1983年生まれ。愛知県名古屋市出身。
幼い頃より 父 剣持 豊(村上市出身)に民謡を教わり三才で初舞台。津軽民謡の唄付け(津軽三味線)を松田隆行氏に師事。主に父親の故郷である新潟の民謡を得意としながら全国の民謡も唄う若手男性民謡歌手として、現在テレビ、ラジオ等に出演。三味線、太鼓奏者としても数々の舞台に出演。2009~2012年までNHK総合テレビ「それいけ!民謡うた祭り」にレギュラー出演。またNHK-FM(東海・北陸地方)「FMトワイライト」のパーソナリティを務めた。2012年に日本コロムビアよりミニアルバム「音心伝心」でCDデビュー。2016年に、「和奏団 樂謡座」を結成。現在若手のトップとしてこれからの民謡界を背負っている希少な男性民謡歌手。

<関連URL>
剣持雄介 特設ページ:http://www.110107.com/kenmochi_uta

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事

WHAT'S NEW

最新情報