海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Release データフィード管理ツール「dfplus.io」が「Twitter ダイナミックプロダクト広告」に対応!

Release

データフィード管理ツール「dfplus.io」が「Twitter ダイナミックプロダクト広告」に対応!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加


EC商品を、Twitterユーザーの興味・関心に合わせてカルーセル形式で紹介

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するデータフィード管理ツール「dfplus.io」は、「Twitter ダイナミックプロダクト広告」に正式対応しました。

画像1:


◆Twitter ダイナミックプロダクト広告について
Twitter ダイナミックプロダクト広告(Dynamic Product Ads、DPA)は、Twitterが2022年11月にリリースした新しいダイナミック広告です。

ダイナミック広告とは、商品データをもとに広告クリエイティブを自動生成し、ユーザーに対して動的に広告を配信できるメニューです。

Twitter ダイナミックプロダクト広告では、Twitterユーザーの興味関心・行動を分析し、最適化された形で商品の広告を配信することができます。広告クリエイティブはカルーセル形式となっており、タイムライン上でひときわ目を引く表現で、商品の魅力をアピールすることができます。
画像2:

(画像:Twitter社資料より引用)

Twitter ダイナミックプロダクト広告の利用には、商品データを広告媒体に連携する仕組みである「データフィード」が必要です。

◆Twitter ダイナミックプロダクト広告に必要なデータフィードの連携が簡単に

今回、dfplus.ioがTwitter ダイナミックプロダクト広告に正式対応したことにより、Twitter ダイナミックプロダクト広告を利用するEC事業者や広告代理店は、dfplus.io 上の簡単な操作で商品データをTwitterに連携することが出来るようになりました。

◆フィードフォースは「Twitter Marketing Partner」に認定
フィードフォースはこれまで、Googleショッピング広告、Criteo、Facebookダイナミック広告、Instagramショッピング、Indeedなどのデータフィードを簡単に管理できるツール「dfplus.io」や、データフィード広告に特化した広告運用代行サービス「Feedmatic」*1 を提供するなど、データフィードの領域で先進的な役割を担ってきました。
これらの実績が認められ、今回、データフィード連携のオフィシャルパートナーとして「Twitter Marketing Partner」に認定されました。

https://business.twitter.com/en/advertising/partners/find-a-partner/dfplus-io.html

◆今後、SNSでの商品データ活用がますます重要に
近年、広告を見て商品・サービスを購入した人の6割以上がSNS広告をきっかけに購入している*2 など、EC事業者にとってSNS対応の重要度は増しています。こうした背景もあり、Twitterでは、ダイナミックプロダクト広告の他にも、プロフィールから商品の閲覧・購入が可能になる「Twitterショップ」「ショップスポットライト」*3 など、ショッピング機能を強化する動きが見られます。

また、同様の動きは、PinterestやTikTok、Instagramなど他SNSでも見られており、いずれも商品データを活用することで、ユーザーが気になった商品をスムーズに購入できることが特徴です。

以上のことから、EC事業者にとって、「SNSにおける商品データ活用」が今後ますます重要になってくると思われます。

dfplusioでは、Twitter ダイナミックプロダクト広告はじめ、新しい機能にいち早く対応することで、今後もEC事業者のSNS活用を支援してまいります。

◆マーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」について
「dfplus.io」はフィードフォースが提供する、様々な商品・商材データをマーケティングでフル活用するためのSaaSです。Twitterの他にも、TikTok、Pinterest、Instagramショッピング、Criteo、Facebookダイナミック広告、Google ショッピング広告など、商品データを利用する「データフィードマーケティング」のための機能を直感的なUIで提供しており、多くの広告主様、広告代理店様、SNS運用支援事業者様から支持されています。

サービスサイト:https://dfplus.io/
使い方・tipsブログ:https://blog.dfplus.io
無料トライアル申込:https://dfplus.io/freetrial/


【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、「ビジネスにとどける、テクノロジーと鼻歌を。」 をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。
会社名:株式会社フィードフォース

所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/


◆本件に関するお問い合わせについて
本件に関するご質問、ご相談は以下担当にお問い合わせください。
株式会社フィードフォース
担当:千葉、安藤
pr@feedforce.jp

*1 2022年3月、Feedmaticの事業はフィードフォースグループの連結子会社であるアナグラム株式会社へ承継されました。
*2 SNSの広告、商品購入に結び付いていたのは意外にも「TikTokを見ている男性」【one調べ】https://webtan.impress.co.jp/n/2022/01/14/42189
*3 「Twitterショップ」「ショップスポットライト」は国内ではまだ利用できない機能です(2022年11月現在)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事

WHAT'S NEW

最新情報