海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Release ブレない男らしいスタイルを発信し続けているアパレルブランド・DIVINER(ディバイナー)が、2019SSコレクション第3弾を発表

Release

ブレない男らしいスタイルを発信し続けているアパレルブランド・DIVINER(ディバイナー)が、2019SSコレクション第3弾を発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社エヴァー・グリーン(本社:大阪市北区、代表取締役社長:岩崎充弘)は、同社が運営するメンズファッションブランド「DIVINER」において、窪塚洋介さんをブランドアンバサダーに迎えた2019SSコレクション第3弾を発表。

画像1:




DIVINERとは


「RECKLESS LIFE=妥協のない生き様」をコンセプトに、トレンドやスタンダードなデザインに、ブレない男らしい解釈を交えたスタイルを提案してきたメンズファッションブランド。毎シーズン、テーマを変え、それぞれの「ルーツ」を重んじた妥協のない生き様を表現する、メッセージ性の強いストリートなグラフィックデザインを得意としています。

2019 CONCEPT は「ReBone(リボーン) 」


画像2:

DIVINERが大切にする価値観が“死生観”であるからこそ、ブランドアイコンは「骨(Bone)」です。そしてブランド創設から10年を境目に、ブランドの新たなコレクションテーマ「ReBone」を発表。10年目でルーツを回帰し、2019年はこれまでのルーツを背負い、そして新たなルーツを切り開くというブランドの挑戦を、「生まれ変わり」という意味の“Reborn”と、DIVINERの死生観=“Bone”をかけ合わせた「ReBone」でスタートいたします。


アイコンである「ウロボロス」、ブランドの顔「ロゴ」をキーにアイテムを展開

古い皮を脱ぎ捨て、新たな肉体を手に入れ進化していく様とDIVINERの挑戦を象徴としたシンボルとして起用されたアイコン、「ウロボロス」。
脱皮(ReBone)をして成長していく蛇は、その強い生命力から「死と再生」「破壊と創造」などの象徴とされ、己の尾を飲み込んだウロボロスは、転じて、無限である”永遠”を意味しています。
画像3:

アーム切り替えドルマンTシャツ

画像4:

エコスウェードMA-1

画像5:

ISKOストレッチスキニーデニム

画像6:

止水タイトフィットジョガーパンツ

==============================

【販売概要】
・ 展開店舗 :全国の「DIVINER」店舗
・ WEB販売:公式オンラインサイトにて販売
https://www.joker-ev.jp/fs/joker/c/new
・アイテム数:4アイテム

==============================

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事

WHAT'S NEW

最新情報