海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Release 扱わないと、思っていた 「トルコリラ/円」 はじめます

Release

扱わないと、思っていた 「トルコリラ/円」 はじめます

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
お客様のご要望により決断!

株式会社マネーパートナーズ(本社:東京都港区 代表取締役:奥山泰全 以下:マネーパートナーズ)は、メイン商品であります「パートナーズFX」にて、お客様の大変強いご要望をいただきまして、従来の18通貨ペアに加えて、トルコリラ/円のお取扱いを平成29年5月8日より開始することを決定いたしましたので、発表させていただきます。


画像:

マネーパートナーズでは、従来、極端な政情不安等のある場合、不測の値動きによりお客様に不利益が生じるリスクを排除することを最優先し、関係する通貨のお取引のご提供をしない方針としております。

トルコリラにつきましても、この方向性でご提供を延期しておりましたが、お客様からは継続してご要望をいただいておりました。

本年1月21日に、大統領が大きな権限を持つ実権型大統領制へと移行する改憲案を与党・公正発展党が国会提出し、賛成339票で国会承認されました。これを受け、当社では、お客様の強いご要望にお応えするべく、政情を注視しながらトルコリラ/円のお取引のご提供を開始する予定であることを、先日顧客の皆様に事前アナウンスさせていただきました。

先の4月16日にこの改憲を問うトルコ国民投票が行われた結果、国会と同じく、大統領及び与党の求めていた賛成票が反対票を上回りました。エルドアン大統領は「歴史上初めて、文民政治での国家統治制度の変更がなされる」と述べています。

マネーパートナーズでは、一連の動きを一定の統治安定への道筋のひとつと捉え、安定的にトルコリラのレート配信が可能となるよう、レートの提供をうける銀行との提携をすすめ、邦銀メガバンクをはじめ、国や地域にまたがる14行からの供給を受けることが実現いたしました。

これらをもちまして、当社のお客様に安定的なレート配信ができると判断し、お客様満足度向上のため、トルコリラ/円のお取引を5月8日より実際に開始することを本日発表させていただきます。

業界最高の環境を目指します
トルコリラは、現在歴史的な安値水準で推移しており、高金利通貨であることとあいまって、スワップポイントを目的とする長期的運用をお望みのお客様には、大変人気となっております。マネーパートナーズでも、取引時スペックにおきましては、スプレッド、スワップポイント共に、業界最高を目指した環境をご提供する予定です。

ただし、内外での先行き不透明感は依然消えておりません。今後とも情報にはご注意いただき、リスクを考慮して余裕を持った資産運用をしていただくよう、当社からもお願いして参る所存です。

顧客満足度1位のFX
マネーパートナーズのFXは、2016年12月1日発表の2016年オリコン日本顧客満足度ランキング「FX取引」部門において、顧客満足度第1位の評価を頂きました。当社は、「自分がお客様の立場なら嬉しいと思えることを出来るだけ実現する。」「お客様目線で精一杯取り組む中でお客様と一緒に成長してこそ会社の存在価値がある」という想いで、お客様に喜ばれるよう、他社にないサービスを、見える部分に限らず様々に取り組んで参りました。
今回のトルコリラ円の銘柄追加は、こうしたお客様の満足度を第一に考えた施策です。

マネーパートナーズとは
マネーパートナーズは、オンラインでの外国為替証拠金取引の専業会社として初めて上場を果たし、インターネットを利用したサービスの簡素化を追求、手数料などの無駄を省き、日本最安コストの外貨両替とチャージ式のカード発行事業を拡大させてまいりました。※1 また、最近では、ビットコインをはじめとする仮想通貨への対応を始めており、直近で仮想通貨交換業者として財務局登録申請をする予定です。

主力商品である外国為替証拠金取引では、1万通貨単位、PCからのストリーミング注文は100%スリッページなしで約定力8年連続No.1の「パートナーズFX」※2と、100通貨単位、スプレッドが業界最狭水準で初心者向けの「パートナーズFX nano」の、2種類のサービスを提供中です。

また、マネーパートナーズの発行するマネパカードは、ネット上でFX会社のスキームを活かした大変お得なレートで両替ができ、対応する6つの通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)をチャージすることで、世界210以上の国と地域にある、250万台以上のMasterCardマークのあるATMと、3800万店舗以上のMasterCard加盟店にて、おさいふ感覚でご利用頂けるカードです。この他、FXサービスと連携している外貨両替・受取サービスで、両替した外貨の紙幣を、国内主要空港のカウンターで受け取ることも可能です。


今後とも、マネーパートナーズのFXをどうぞご贔屓ください。


※1株式会社矢野経済研究所 平成28年5月実施「外貨両替コスト比較調査」対象:米ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン数量800通貨以上の調査結果
※2 平成28年12月株式会社矢野経済研究所 「FXサービスパフォーマンステスト」において

株式会社マネーパートナーズ
URL:    http://www.moneypartners.co.jp/
会社名 株式会社マネーパートナーズ
所在地   東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー33階
設立    2008年5月9日
代表者   代表取締役社長奥山泰全
事業内容 金融商品取引法に基づく外国為替証拠金取引、有価証券関連業務及びこれに付随する一切の業務
外国通貨の売買、売買の媒介、取次ぎもしくは代理、その他これに付随する業務
金融商品取引業及びこれに付随する業務
資金移動業 商品先物取引業
資本金 31億円(平成28年3月31日現在)


パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXについては、受渡取引に限り、1通貨単位あたり最大0.40円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)

〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号

〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事

WHAT'S NEW

最新情報