海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Release ランサムウェア対策に有効な "セキュリティスイッチ" 「TiFRONT」取り扱い開始

Release

ランサムウェア対策に有効な "セキュリティスイッチ" 「TiFRONT」取り扱い開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加


旧OS端末のセキュリティ確保/内部不正対策にも

情報セキュリティ株式会社は、PIOLINK社製のセキュリティ製品「TiFRONT」の取り扱いを開始しました。
同製品は、ランサムウェア対策、Windows XPなどのサポート終了端末のセキュリティ確保、内部不正の取り締まりに有効です。

情報セキュリティ株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:鈴木 義久)は、PIOLINK社と販売パートナー契約を締結し、同社製のセキュリティ製品「TiFRONT」の取り扱いを開始しました。

TiFRONTは、セキュリティエンジンを搭載したハードウェア製品です。L2スイッチやHUBをTiFRONTに置き換えることで、基本的な通信のスイッチング機能とセキュリティ対策機能の両方を担わせることができます。最小限の構成変更で導入が完了し、その後は自動でネットワークの監視を行い、危険な通信のみをブロックします。これにより、業務を止めないセキュリティ対策が実現します。
画像:



【TiFRONTの機能】
・内部のDDoSトラフィック遮断
・マルウェアの拡散防止
・マルウェアの拡散経路遮断
・異常なトラフィック遮断


【TiFRONTの特徴】
1.サポート終了端末のセキュリティを確保
本製品は、これまでのセキュリティ製品(ファイアウォールやエンドポイント対策)に付加できる、セキュリティ対策製品です。L2スイッチやHUBに代えて設置することで、経由する通信の挙動を監視し、異常を察知した場合に自動で通信を遮断します。これにより、配下に属するすべての端末を保護することができます。これは、Windows XPなど、脆弱性を抱えた端末を含むネットワークのセキュリティ対策として有効です。※
※OSのアップデートは推奨されます。

2.ランサムウェア対策に有効
TiFRONTが攻撃を検知すると、それに関わる不正な通信および内部拡散の経路となる通信を遮断します。これにより、感染の拡大や事態の深刻化(ラテラルムーブメント)を防ぎ、被害を最小限に抑えます。マルウェアがUSBメモリなどを媒介として持ち込まれた場合も、同様に機能します。
検知には、ふるまい検知方式を採用しているため、ランサムウェアや標的型攻撃など、未知の脅威にも有効です。

3.内部不正接続を取り締まり
TiFRONTが設置されているネットワークに属する端末の情報を管理することができます。ネットワーク内での不正接続を検知し、必要に応じて遮断します。これにより、内部からの不正接続対策が可能です。

4.エージェントレスな導入形態
導入時に、ネットワークの構成を大きく変更する必要がありません。これによって、スムースな導入が実現します。


【製品概要】
・名称:TiFRONT
・取扱開始日:2019年11月21日(パートナー契約締結日)
・種別:ネットワーク機器
・製造元:PIOLINK社


【PIOLINK社 概要】
・商号:株式会社 パイオリンク
・設立:2000年7月
・事業内容: クラウドデータセンター最適化、アプリケーションデリバリーネットワーク、アクセスネットワークセキュリティ、WEBセキュリティ技術の開発及びサービスの提供
・ウェブサイト: http://www.piolink.co.jp/index.html


【情報セキュリティ株式会社 概要】
・商号:情報セキュリティ株式会社
・代表:代表取締役 鈴木 義久
・所在地:兵庫県神戸市中央区北長狭通四丁目9-26 西北神ビル3・7・8階
・設立:2014年9月
・事業内容:セキュリティに関するアセスメント、自社開発・製品取り扱い、導入、運用、サイバートレーニング、セキュリティコンサルティング事業
・ウェブサイト:https://isec.ne.jp/


【本件に関するお問い合わせ先】
情報セキュリティ株式会社 セキュリティビジネス営業部 赤土
電話:078-381-8980 / メール:support-tifront@isec.ne.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事

WHAT'S NEW

最新情報