海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Release 再造林放棄問題を、林業人材と異分野人材のオープンイノベーションで解決 ”Sustainable Forest Action(SFA)” がキックオフ

Release

再造林放棄問題を、林業人材と異分野人材のオープンイノベーションで解決 ”Sustainable Forest Action(SFA)” がキックオフ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
63名、14チームが採択され、事業開発を開始

一般社団法人ビジネス・エンジニアリング・センター(本社:東京都中央区、以下BEC)および株式会社Spero(本社:東京都目黒区、以下Spero)は、林野庁事業「令和元年度持続可能な森林づくりイノベーション創出事業」において、再造林放棄問題を林業人材と異分野人材のオープンイノベーションで解決する、アクセラレーションプログラム” Sustainable Forest Action(以下、SFA)”を実施しています。

一般社団法人ビジネス・エンジニアリング・センター(本社:東京都中央区、以下BEC)および株式会社Spero(本社:東京都目黒区、以下Spero)は、林野庁事業「令和元年度持続可能な森林づくりイノベーション創出事業」において、再造林放棄問題を林業人材と異分野人材のオープンイノベーションで解決する、アクセラレーションプログラム” Sustainable Forest Action(以下、SFA)”を実施しています。
画像1:



■69名、15チームがSFA参加者として採択
 SFAは、2019年7月~9月の間で参加者を募集いたしました。多数の応募があったなか、参加者のバランス等を考慮したうえで、63名(林業人材23名、異分野人材40名)、14チーム(東京会場8チーム、京都会場6チーム)が採択されました。参加者は、異分野の大手企業(大建工業株式会社、国土防災株式会社など)、農林業を主なフィールドとしたベンチャー企業(リデン株式会社、VUILD株式会社、株式会社森未来、株式会社マプリィなど)、メーカー(イー・バレイ株式会社、株式会社デザイオなど)などが集まり、そこに林業関係者がマッチングされてチームが組成されます。
これより約2ヶ月間に渡って、各チームに別れてユーザーインタビューやプロトタイピングを行い、事業開発を進めます。SFAでは、事業開発経験者や、林業経験者をメンターとして配置し、12月上旬に行うデモデイに向けて事業開発を伴走します。

■キックオフミーティングの様子
 9月27日にはTechshop Tokyoにて、東京会場キックオフ、9月28日には学校法人瓜生山学園 京都造形芸術大学 にて、京都会場キックオフを行いました。

画像2:


画像3:

画像4:

画像5:


■京都造形芸術大学との連携による活動・発信
 SFAは京都造形芸術大学と連携して事業を進めており、京都造形芸術大学客員教授の高橋ひかり氏がアクセラレーションプログラム全体の監修・企画・運営を行っています。各チームは、必要に応じて、京都造形芸術大学の施設・設備、学生、また同大学のSDGs推進室(※)と連携して、アートおよびアート思考を取り入れたデザイン設計やプロトタイピング、また活動の発信などを行うことができます。

■今後の予定
 SFAでは、約2ヶ月間のアクセラレーションプログラムで事業アイデアを形にしていきます。12/7にデモデイでは、投資家・事業会社などが参加する審査会にてプレゼンテーションを行い、優秀な事業プランについては、副賞として事業開発費用(最優秀賞100万円、優秀賞50万円)が提供されます。その費用を活用して、1月~3月の間でプロトタイプ開発・実証実験等を行い、最終的な事業化につなげます。(副賞の事業開発費用は、スポンサーの協賛費用を活用しています)

(※) 学校法人瓜生山学園 京都造形芸術大学では、SDGs推進室をもうけて、学外の企業、自治体、各種機関とパートナーシップを結び、SDGsを共通言語にした課題解決の共創、およびSDGsの発信などに取り組んでいます。
画像6:


本事業の詳細は下記の特設WEBサイトをご参照ください。
(特設WEBサイト)https://www.sustainable-forest-action.net/
(募集開始時リリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000047318.html

■実施体制
 本プログラムは、林野庁の委託を受け、BECおよび株式会社SPEROが運営いたします。また、本プログラムは下記のスポンサー・パートナーに協賛・後援いただいています(協賛社は随時募集中です)。
 協賛:国土防災技術株式会社、株式会社パスコ、住友林業株式会社、アジア航測株式会社、株式会社筑水キャニコム、株式会社ADDIX、株式会社百森、モノづくり日本会議、日刊工業新聞社
 後援:株式会社日本政策金融公庫

画像7:

<本件に関するお問い合わせ>
一般社団法人ビジネス・エンジニアリング・センター 広報 中間
Mail:k-nakama@bec-japan.or.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事

WHAT'S NEW

最新情報