海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Release 【2020年1月】Rekaizen(リカイゼン)取扱案件について

Release

【2020年1月】Rekaizen(リカイゼン)取扱案件について

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加


リトライブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 元紀)が運営を行う、制作・開発案件特化型BtoBマッチングプラットフォーム『Rekaizen(リカイゼン)』にて、2020年1月にご相談いただいた案件につきまして傾向をお知らせいたします。

画像:



システム開発やWEBサイト、グラフィックデザインなどの制作・開発案件に関する企業間の受発注の遠隔化を図るビジネスマッチングプラットフォーム「Rekaizen(リカイゼン)https://rekaizen.com/」にて、2020年1月に見積・発注先のご相談をいただきました案件の傾向につきまして、領域別に特徴をまとめました。
外注検討のご参考にご覧くださいませ。
リカイゼンでは、制作・開発案件に関するご依頼先をお探しの会社様より、依頼先選定や見積取得のご相談を随時承っております。


2020年1月 取扱案件の傾向について

以下、領域別の取扱案件(ご相談内容)の特徴をまとめております。

■システム・WEBシステム領域
・人事・営業部などの部門から、日々行う業務の効率化を目的としたExcelマクロ・VBAを使ったツール構築の依頼が多かった。4月の新年度にあわせ、人による工数を削減できるツールを用意し、体制を整えたいという意向が見られる。
・toC向けのマッチングサイトの構築などサービス系の開発依頼も比較的多かった。1月は新規事業立ち上げなど、新しい動きに伴う開発案件の相談が動く傾向がある。


■WEBデザイン領域
・WEBデザイン領域では、刈り取り施策の中で必要となるLP(ランディングページ)やキャンペーンサイトのデザイン依頼があった。CVなど効果を求めるサイトに対し、実績事例のあるWEBデザイン会社を希望する声が多かった。


■グラフィックデザイン・コピー領域
・パッケージデザインの相談がよく見られた。化粧品・コスメの化粧箱・ラベルデザインや、ペットフードやサプリメントなどの食品・日用品のパッケージデザインなど、幅広い業界からの依頼があり、特徴的だったのは海外からの輸入商材を日本市場向けにリデザインしたいという相談を複数件取り扱った。
・セールスプロモーションツールとしてオリジナルおみくじ制作依頼の相談も多く、こちらはシーズン的要素が表れた結果と思われる。


■映像・動画領域
・営業現場で営業担当が使用する自社のサービスの説明・案内動画の制作依頼があった。無形商材や複数の商品をまたがって展開するようなサービスは、顧客にイメージを理解してもらいやすいよう、営業現場やWEBサイト掲載にて使用する動画制作のニーズが増えてきている。


■その他
・イベント運営やミステリーショッパーの相談など、過去運営・実施経験を持つ人的リソースの相談が多かった。


▼その他、Rekaizen(リカイゼン)取扱領域については下記URLをご確認ください。
https://rekaizen.com/sitemap#category_lists


【Rekaizen(リカイゼン)について】
URL:https://rekaizen.com
最適な発注先・外注先が見つかるビジネスマッチングサイト。
発注先・外注先探しは無料で行うことができ、初めての発注先探しも専任のリカイゼンサポートデスクが電話でヒアリング・フォローを行うため、安心してご利用いただけます。

【リトライブ株式会社について】
本社:〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目14-16 KHOビル3F
URL:https://retribes.co.jp/
事業内容:
1.メディアビジネス:Rekaizenの企画運営、BTLの企画運営
2.マーケティングビジネス

【取材に関するお問い合わせ先】
リトライブ株式会社
担当者:吉田
E-mail:support@rekaizen.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事

WHAT'S NEW

最新情報