海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

検索ワード:Synspective

【2021年振り返り #6】「宇宙旅行元年」、宇宙に挑戦した企業と宇宙を活用した企業

2021年12月、前澤友作氏が日本の民間人で初めて宇宙へと飛び立ちました。こういったニュースを受け、「宇宙旅行元年」という言葉に現実味を感じた人も多いでしょう。 そんな2021年、Techable(テッカブル)では、宇宙...

小型SAR衛星データを活用した災害時状況把握サービスの実装に向けた実証開始

株式会社Synspective(シンスペクティブ)は、衛星データを活用したワンストップソリューション事業を行う企業。内閣府の革新的研究開発推進プログラム「ImPACT」での成果を応用し、独自の小型SAR衛星の開発を進めて...

地盤の陥没を事前に予測! Synspective社が開発した新機能とは

株式会社Synspectiveは、地盤陥没を予測する陥没領域抽出機能を開発したことを発表した。同社は、衛星データ解析によるソリューションの提供や、小型SAR(合成開口レーダー)衛星の開発・運用を行っている。 陥没事故を予...

民間で日本初、打ち上げに成功した小型SAR衛星が待望の初画像を送信

宇宙ベンチャー企業のSynspective(シンスペクティブ)は、昨年12月、自社開発による小型SAR(合成開口レーダー)衛星の打ち上げに成功した。 その後、様々な機能のチェックを経て、2月8日、主目的である地表面の画像...

宇宙ベンチャーのSynspective、小型SAR衛星の軌道投入に成功

株式会社Synspective(以下、Synspective)は、同社初の実証衛星である小型SAR衛星「StriX-α」の軌道投入に成功。今後、数か月にわたって機能検証を行っていく。 従来の大型SAR衛星と比べて、軽量化...

どんな天候でも衛星が地上を観測、水害情報を提供するサービスがスタート

小型人工衛星が広い地域の水害状況をリアルタイムで観測。そのデータを保険・金融企業や政府機関などに提供するサービスが開始された。 合成開口レーダー衛星が詳細な情報収集 東京・江東区に本社を置くスタートアップ企業「Synsp...

「STARTUP DB」で国内スタートアップ資金調達金額ランキング発表! 第1位はフロムスクラッチ!

成⻑産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社が、2019年1月から8月までを対象とした「国内スタートアップ資金調達額ランキング」を、同社のサービスである「STARTUP DB (スタートアップデータベース)」...

1

WHAT'S NEW

最新情報