海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

検索ワード:音声合成

AI音声合成「CoeFont CLOUD」、声帯摘出者向けに無料提供

株式会社Yellstonは、声帯摘出者向けにAI音声合成プラットフォーム「CoeFont CLOUD」を無料提供すると発表。自分の声を失って辛い思いをしている方々の支えとなるべく、声を失ってもまた自分のAI音声で会話でき...

「Pepper」の会話機能が向上! 法人向けAIチャットボットの新バージョンが採用

rinna株式会社が開発する法人向けAIチャットボット開発プラットフォーム「Rinna Character Platform」の新バージョンが、ソフトバンクロボティクス株式会社のヒューマノイドロボット「Pepper(ペッ...

NTTテクノクロスの音声合成サービス「FutureVoice」がバージョンアップ!

NTTテクノクロス株式会社は、2006年より音声合成ソリューション「FutureVoice(フューチャーボイス)」を提供しています。同サービスは、NTT人間情報研究所開発の深層学習を活用した音声合成技術と、40年以上にわ...

短時間・低コストでユーザーの声をAI音声合成化する「CoeFont CLOUD」

株式会社Yellstonは、ユーザーの声をAI音声合成である「CoeFont」として生成することができるAI音声合成プラットフォーム「CoeFont CLOUD」を2021年7月19日に先行リリース。その際、1,500件...

アクセント推定技術「tdmelodic」を初めて実用化したAI音声合成「カタリテ」

音声配信サービス「audiobook.jp」を運営する株式会社オトバンクは、株式会社PKSHA Technologyの音声関連技術を活用し、AI音声合成サービス「カタリテ」を開発。2021年7月14日より、「日経電子版」...

「ハシ」などのイントネーションを使い分けられる音声合成のAIシステム開発

大日本印刷株式会社(DNP)と株式会社DNPコミュニケーションデザイン(DCD)は、誤読やイントネーションおよびアクセントの間違いを減らし、人の間合いに近い自然な音声合成を自動生成できるAIシステムを開発しました。 正確...

rinna×デジタルヒューマン、顔・声・視聴覚を持ち、人と自由に雑談するAI開発へ

rinna株式会社とデジタルヒューマン株式会社は、自由に雑談するAIチャットエンジンと顔と音声で感情を表現するAIアバターを統合し、より自然なデジタルコミュニケーションを実現するAIキャラクターの開発に向け、協業を開始し...

AIが人間のような自然な音声を生成・読み上げる「CoeFont STUDIO」、無料公開中

株式会社Yellstonは、人間のようなAI音声合成が利用可能なWeb音声合成サービス「CoeFont STUDIO(コエフォントスタジオ)」をリリース。期間限定で無料公開しています(終了時期は未定)。 ハイクオリティな...

AIが短い動画とテキストデータから長尺の講義動画を生成! 「gacco」にて公開

株式会社データグリッドとNTTテクノクロス株式会社および株式会社ドコモgacco(ガッコ)は、2021年3月12日に大規模公開オンライン講座「gacco」にて、「AIを活用したMOOC講座」を開講した。 この講座では、テ...

音声合成技術で作る声の分身! 「デジタルボイス・プレミアム」とは?

自分の声が半永久的に何かを伝え続けるとしたらどうだろう? そんなことを考えたことがない人のほうが多いのではないだろうか。 しかし、このたびコエステ株式会社が提供を開始した「デジタルボイス・プレミアム」なら、それが実現する...

ネフロック、NEDO公募「AIチップ開発加速のためのイノベーション推進事業」に採択

株式会社ネフロック(以下、ネフロック)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する2020年度「AIチップ開発加速のためのイノベーション推進事業/AIチップに関するアイディア実用化に向けた...

「ebica予約台帳」と「LINE AiCall」を連携させた実証実験スタート!

飲食店向け予約台帳サービス「ebica予約台帳」を提供する株式会社エビソルは、AI電話応対サービス「LINE AiCall」を提供するLINE株式会社とともに、電話予約受付ソリューション「ebica IVR」の実証実験を...

LINEが無料のAIカーナビアプリ 「LINEカーナビ」を提供開始! 音声操作で安全な走行を

「ながらスマホ」の危険性は周知の事実だ。12月には運転中の「ながらスマホ」厳罰化も控える中、LINE株式会社のAIアシスタント「Clova」とトヨタ自動車株式会社の高精度なハイブリッドナビエンジンを連携させ、走行中も声で...

話せなくなるALS患者が、視線入力×自分の声をもとにした合成音声でコミュニケーションできるようになるサービスを開発する「ALS SAVE VOICE」プロジェクト

私たちが他者と意思疎通するとき、「声」を使って言葉のやり取りをするのが基本だ。しかし病気で声が出なくなったり、発話するのが困難になる場合もある。難病に指定されている筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者も、そのような困難に直面...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報