• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

携帯端末の充電が不要になる!? 米大学が1.8ミリの超小型「風車」を開発

microwindmill電池の消耗が早い携帯端末やガジェット類の浸透に伴い、さまざまなシーンで充電できるよう、自然エネルギーなどを活用した多種多様な充電器が開発・販売されている。そうした充電器のさらに一歩先をいく超小型の風車が開発された。この風車を活用することで、将来的にはケーブルにつながなくても端末などが充電できるようなるというかなり画期的なものだ。

米国テキサス大学アーリントン校の研究者らが発明した。風車は約1.8ミリで、お米1粒の上に10個の風車が乗るほどの小ささ。この風車をいくつも携帯端末やガジェットに搭載することで、風をエネルギーに変換し、バッテリー充電が可能になるという。

使い方としては、例えば携帯電話の場合、端末手に通話しているときやスクリーン操作時に端末にあたる風で充電できる。また、風がない環境の場合、端末を手に持って振ることで発生する空気抵抗でも充電可能なのだという。

スマートフォンなどの充電を頻繁に行っている人は少なくないだろう。そうした充電の手間がかなり省けるこの夢のような風車、すでに台湾拠点のテクノロジー企業「WinMEMS」が商品化することが決まっているが、一刻も早い実用化が待たれる。

開発を手掛けた同大電気工学専門の教授らは、「携帯端末をはじめとする持ち歩きタイプの電子機器類だけでなく、屋外で使用する機器類や住宅の発電パネルにも活用できる」としていて、実現すればちょっとした“エネルギー革命”が起こるかもしれない。

テキサス大学アーリントン校

注目の記事
8月26日 | Tech