• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

糖尿病患者の健康管理に!ポータブル&オールインワンタイプの血糖値測定キット登場

Mendor世界保健機関によると、世界では3億4700万人の糖尿病患者がおり、年間5380億ドルの経費がかかっているという。糖尿病患者は血糖値を安定させるために、“持続性作用インスリン”と“即効性インスリン”を摂取し続ける必要があり、厳しい食事管理、炭水化物摂取量の把握をしなければならず、これらを怠ると命に関わることもある。血糖値管理作業の負担は大きく、こういった負担を減らそうと開発されたデバイスキットが「Mendor」である。

このフィンランドのスタートアップには、糖尿病の専門家とテクノロジー技術者が参加。「Mendor」は“1型糖尿病患者”向けのオールインワンの血糖値測定器で、わずか20秒以内で測定結果を検出する。しかも、ポケットに入るサイズの持ち運び可能で丈夫なキットだ。キットには25枚の検査紙が搭載でき、使用可能な残り枚数を表示。スライドさせてカバーを開け、検査針に指をちくりと刺し、検査紙の判定を待つだけという手軽さだ。

また、「Mendor Balance」という専用のクラウドベースのプラットフォームが設けられていて、患者が自身の血糖値記録を参照したり、医者が測定値を診ながら治療に活用したりできるようになっている。「Mendor」は、フィンランド内の1000人以上の糖尿病患者でテストを重ねており、30ユーロという価格でヨーロッパに販売展開していく予定だという。

Mendor

注目の記事
8月26日 | Tech