• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

スイマーの心拍数やラップタイムをモニターできるガジェット「Instabeat」、ゴーグルに付けて使用

Instabeatジョギングのタイムやスピードを自動記録するガジェットに代表されるように、スポーツ分野でもテクノロジー機器の活用が進んでいる。とは言え、エレクトロニクスは水に弱いことから、ウォータースポーツではそうした機器の導入が遅れていた。しかし、このほどスイマーのゴーグルに取り付けて水泳のラップタイプなどを記録できるガジェット「Instabeat」が登場した。心拍数などもモニタリングできるので効率的な練習に役立てることができるという。

「Instabeat」はゴーグルにクリップで留めて使用する。側頭動脈で心拍数を計測するほか、消費カロリーやラップタイムの記録もできる。また、目標のラップタイムで泳ぐことができそうな場合、スイマーに知らせてくれたり、スイミングの内容がハードなものか、脂肪を燃焼するタイプのものかどうかなどをLEDのライトで表示してくれたりもする。そして、プールから出ると、InstabeatをUSBでPCにつないでデータを記録・分析することができるようになっている。

レバノンに拠点を置くスタートアップが手掛けた。創設者自身がプロのスイマーで、トレーニング中の心拍数をチェックするために開発された。このほどクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で資金5万ドルを調達したばかりで、今なら139ドルでプレオーダーできる(小売価格は149ドルになる見込み)。商品の発送は11月になるという。

Instabeat

注目の記事