• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

びんの口から音楽が流れる!使用済みボトルを利用した「Cork speaker」は究極にエコ

corkspeaker_1普段、家庭のゴミとして扱われる空のボトル。これが素晴らしい音を奏でるスピーカーに早変わりするなんて、信じられるだろうか。

Makuakeに登場したのは、ユニークなマイクロBluetoothスピーカー「Cork speaker(コルクスピーカー)」。なんと、使用済みのボトルの上に置くだけで音に深みを出し、さらに音質まで向上させるという、前代未聞のプロダクトだ。

・選ぶボトルによって音が変わる!

corkspeaker_2本品の面白さは、選ぶボトルで音が変わるところ。ボトルの形やサイズ、素材によって、曲の深さやクリア感が変化。さまざまな音色を、楽しむことができる。

多様なボトルにフィットさせるため、スピーカーの取り付け部分に、2種類のシリコンクレードルを用意。取り外し可能で、何度も洗って使えるようになっている。

使い方は、簡単。ボトルの口にクレードルを取り付け、スピーカー本体とつなぐ。次に電源ボタンを長押しして、オン状態にする。ライトが青になったら、検出モードにするため、さらに2秒間長押し。青と緑のライトが点滅したら、ベアリングが始まり、音楽が再生される。オフにするときは、電源ボタンを2秒間長押しすればいい。音楽再生用デバイスは、スマートフォンに限らず、Bluetooth機能が搭載されていれば、何でもOKだ。

・手のひらサイズで持ち運び便利

corkspeaker_3本体は重さ75グラムの、手のひらサイズ。紙コップ程度の大きさで、持ち運びにも便利だ。ホームパーティやキャンプなど、いろいろなシーンで活躍してくれるだろう。

ただいま、資金調達の真っ最中。現段階で、目標金額の半分近くを達成している。プレオーダーは、通常価格の25%引き5560円から。支援受け付けは、3月29日まで。

Cork speaker/Makuake

注目の記事
2月27日 | Start Up