• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

【Interview】個人クリエイターを後押し!スマホ1つでCM制作できる「a-walk」を直撃

awalk_1SNSの登場によって、広告の手法はがらりと変化した。インフルエンサーの評価がすべてのこの世界。うまく潮流に乗れば、より濃密な販売促進が可能となる。現代の製品プロモーションの仕掛け人は、企業ではなくユーザー。彼らの表現1つで、プロダクトの動向が左右される時代がやってきたといっても過言ではない。

今回ご紹介する「a-walk(エーウォーク)」も、そうした背景をうまく捉えた、現代ならではのサービスだろう。アプリユーザー自ら、動画コマーシャルを制作する、ソーシャルコマーシャルネットワーク。スマホ1つで、誰でも自由にCMを作ることができるという。

提供元は、大阪を拠点に事業を展開するJokerPiece(ジョーカーピース)。 代表取締役の住田 賢司(すみだ けんじ)氏が、取材に応じてくれた。

・企業が用意した音源に合わせて動画を撮影

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

awalk_2能力に秀でた個人にスポットライトが当たりやすくなった昨今は、ソーシャル上の有名人がいろいろな場で活躍しています。

今後さらに個人クリエイターは増え、人気の職種(Youtuber、Instagramerなど)として、確立されたものになっていくでしょう。その足がかりとなる土壌を作るために、サービスを提供しています。

Q2:「a-walk」の特長と仕組みについて、教えてください。

awalk_3あらかじめ用意された音源(ネタ)に合わせて、動画を撮影します。複雑な操作はなく、録画ボタンを押している間だけ音源が再生され、それと同時に動画撮影を行います。

ユーザーに楽しんでもらうことを重視しているので、用意される音源は広告だけではなく、ユーザーからも投稿できるようにしました。また、タイムラインでの動画再生を見やすくするため、ムービーをスクエアにしています。

・個人クリエイター創出を後押し

Q3:企業には、動画CMを低コストで制作できるという利点がありますが、ユーザーのメリットとして挙げられるのは、どんなことでしょうか。

awalk_4例えば、Youtubeの映像を見る前に流れる広告。「あと5秒で広告をスキップできます」と表示されますが、そのたった5秒が、とても長く感じられます。

テレビCMも同じでしょう。目的をもって動画を見ようとしているユーザーの、邪魔をしているだけなのです。広告主となる企業は、顧客に自己表現する場を提供できているのか、いささか疑問です。

その点「a-walk」は、気軽な参加と鑑賞を実現している上、お小遣いにもなる可能性を秘めています。さらに、ここでの活躍が、人気職種へのパスポートとなるかもしれない。そういったメディアになればと、願っています。

Q4:今後の展開について、決まっていることがありましたら、教えてください。

awalk_512月15日に、バージョンアップ版のリリースを予定しています。ユーザー同士のコミュニケーション機能の充実と、音源についても、個人クリエイターのものを生かしたいと考えています。

(将来的には)個人クリエイターが才能を発揮するための場であると同時に、企業が戦略的に扱うマーケティングの場となるよう、成長させていくつもりです。

「a-walk」では、企業依頼がない期間でも、ユーザーからの投稿を受け付けている。ユーザーは動画共有アプリと同じ感覚で利用しながら、センスを磨くこともできるのだ。YoutuberやInstagramerに続く、第3のソーシャルリーダーは、ここから生まれるのかもしれない。(取材・文 乾 雅美)

a-walk

注目の記事