• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

最大7名の相乗りサービスとカーシェアリングを融合させた世界初のモビリティ「Green Commuter」

バンプールとカーシェアリングを融合させたモビリティサービス「Green Commuter」自動車を一人一台づつ保有することも珍しくない“クルマ社会”の米カリフォルニア州ロサンゼルスでは、長年、渋滞緩和と大気環境の改善のため、カープール(自動車の相乗り)を推奨してきた。

この地域では、普通車よりも大型なバンに5名以上が相乗りするバンプールも、通勤などの交通手段のひとつとなっている。

・バンプールとカーシェアリングを融合させた新しいモビリティサービス

「Green Commuter」のスマホアプリ画面米ロサンゼルスで2014年に創設されたスタートアップ企業「Green Commuter(グリーン・コミューター)」は、バンプールとカーシェアリングを融合させた、世界初のモビリティサービスである。

このサービスでは、最大7名まで乗車可能な高級電気自動車である米テスラモーターズ(Tesla Motors)のクロスオーバーSUV「モデルX」を採用。

5名から7名で成るグループがこの車両を借り、平日の朝晩、相乗りして通勤するバンプールサービスを提供すると同時に、平日の昼間や週末など、バンプール用の車両が待機している時間帯に、これをカーシェアリングに転用させるのが、「Green Commuter」の特徴だ。

一般ドライバーは、スマホアプリを介して、現在地周辺で待機中の車両を探し、平日なら1時間単位、週末は1日単位で、利用することができる。

・エコフレンドリーなクルマを最大限利用する

「Green Commuter」によると、既存のバンプールサービスで利用されているバンは燃費が悪いガソリン車が多く、これらの車両は、9割以上の時間を駐車場などで待機して過ごしているという。

「Green Commuter」は、走行時に二酸化炭素を排出しない電気自動車を採用し、これを最大限、使い回すことで、地球環境への負荷を軽減するとともに、より多様な移動手段を人々に提供している点が秀逸だ。

Green Commuter

注目の記事